「いいなと思っている年上の女性とラインをしてたんだけど、いきなり既読無視されてしまった!」

「年上の女性とのラインって難しい。どんなメッセージを送ったらいいの?」

 

好みの年上女性とラインをしていて、このような悩みを抱えた男性は意外に少なくありません。返信が返ってこないと、やっぱり若いから相手にされてないんじゃないか等と考えてしまいますよね。

 

果たして、年上の女性が自分より若い男とのラインで既読無視する理由とは、どんなものがあるのでしょうか?

 

ちなみに、年上の女性と年下の男性というのは、あなたが思っているよりも相性がいいので、既読無視されたからと言って、諦めるのはもったいないというものですよ。

 

年上の女性にラインを既読無視される原因とは?年上ならでは心理を徹底解剖!

 

「年上の女性」というだけで、口説くのはなかなか難しいと考えてしまう男性は意外と多いのです。それは、ラインとて同じで、既読無視されてしまう事で、苦手意識を持ってしまうもの。

 

しかしながら、若い男性が思うほど年上女性を口説くのは、難しいことではないのです。

 

とはいえ、既読無視されている時点であまり好意的ではない、いわゆる脈なしである可能性は高いのは言うまでもありませんね。

 

まずは、今の状態から脱出するためにも、年上女性が若い男性にラインの返事を返さない理由について、1つ1つ紐解いていきましょう。

 

相談LINEの連投は、めんどくさい

 

多くの男性が勘違いされているのですが、年上の女性相手には、年上というものを利用して相談系のLINEを送ればOKと考えているのではないでしょうか?

 

はっきり言ってしまうと、これは男性が思っているような効果は期待しない方が吉。

 

なぜなら、シンプルに面倒くさいと思われてしまうから。基本的に頼られること自体は嫌とは思っていませんし、嬉しいとさえ感じるときもあるのですが、相談ベースで接すればいいというものではありません。

 

相談系のLINEは、「普段、そういう面を見せない男性」が送るからギャップとして効果的なのであって、毎回相談のLINEが送られてくれば、男としての「頼り甲斐」というものを相手は感じにくくなるのです。

 

つまりは、異性として見にくくなってくるということ。

 

もちろん、狙っている女性が同じ職場の先輩女性というケースであれば、最初のきっかけとして仕事の相談などで入るのは大いにOK。

 

しかし、毎回それでは芸がない。長文な質問や答えるのが難しい質問になればなるほど、相手は「めんどくさいなぁ」という気持ちになり、終いには既読をつけたまま返信をしなくなってしまいます。

 

若さゆえの、“痛い”LINE

 

若さゆえのイタイLINEとは、どんなモノを指すのでしょうか?

 

それは、「僕は年上の女性でも構わないよ」「年上女性が好きだよ」というメッセージをそれとなく伝えようとするLINE。

 

「年上全然OK」という事を伝えておけば、相手の女性も安心して連絡をしてくるかと言うと、そうとは限りません。

 

なぜなら、相手からしてみれば「僕はババアが好きだよ」と言っているようなものなので、「何となくキモい人だなぁ。」と感じて引いてしまうから。

 

また、基本的には年上の女性の方が、恋愛の経験値は高いですよね?だから、「年が離れていようが気にしない」といった感じで好意アピールをLINEでしまくったところで相手には響きません。

 

むしろ、経験の多いタイプの女性ほど「この子も、あの時のあの子と同じ感じか・・・。」と重たい印象を与えてしまいますので、気をつけた方がいいですね。

 

年下の男と安易に距離をつめないようにしている

 

とはいえ、実は男性が思っているほど、返事が来ない理由が悪い心情ではないということもあります。たとえば、それなりに若い男性に好意があったとして、すぐに距離をつめないように無視している場合があります。

 

なぜ、このような行動をするのでしょうか?

 

それは、好意があるがために捨てられるのが怖いから。・・・そこまでの関係になっていないにしろ、「もしこの男性と付き合ったら」を女性が考えた時には、年齢というものを気にしているのです。

 

30以上の女性にとって恋愛における自分の年齢というものは、これもまた男性が思っているよりもブレーキになります。

 

そのブレーキによって、簡単に若い男性との距離を詰めないようにしているのが、年上女性ならではの心理。

 

 

ところで、あなたに質問です。

 

好きな女性とLINEをしていたのに既読スルーや未読無視で音信不通になって「やっぱりダメなのかなぁ」と諦めかけていませんか?

 

「女性とのLINEは難しい。」「好きな女性とのLINEに限って上手くいかない。」そう感じたりしていませんか?

 

はっきり言いますが、そんなことは200%ありません。

 

「またLINE?無視、無視。」と思われていたとしても「私から、連絡してみようかな。」と思わせれば驚くほどポンポンLINEは続く。

 

→ 【※期間限定】たった3言で驚くほど女性の反応が好転する前代未聞のLINE逆転術を無料で公開!

好きな年上女性に好かれるLINEの送り方とは?

 

とはいえ、好きな年上女性にラインを既読無視されたとしても、諦める必要はありません。

 

しかしながら、今のままLINEを送っても相手に響かないどころか、同じ過ちを繰り返してしまえば、次は未読無視からのブロックされてしまうのがオチ。

 

そういった最悪な状況を避けるためにも、LINEで年上女性にアプローチする上でのたった1つの大切なポイントについて、お話ししていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、それはズバリ「年上ということを意識し過ぎない」という事。

 

年上だから・・・という事はあまり意識しないでコミュニケーションを取ることが重要です。

 

なぜなら、相手も自分の年齢を気にしてしまうから。先ほどもお伝えした通り、大人の女性にとって自分の年齢というのは強烈なブレーキになってしまいます。

 

ある程度そのブレーキがかかるのは仕方ないとしても、必要以上に気にさせてしまうとなかなか恋愛モードに発展させるには時間がかかり過ぎてしまう可能性が大。

 

例えば、わかりやすいところで言えば「敬語」ですよね。これは、男女の脳の違いについてになりますので、その辺りの専門的な話は省くとして、年上の男性と接するように丁寧にLINEしていても距離は縮みません。

 

それよりも効果的なのは、時折、同い年の女友達に語りかけるようなLINEを送る事。そうすることで、どれだけ年齢が離れていようと相手も、同い年のノリや口調で返信してくれます。

 

なぜなら、そういったやりとりが心地良いから。つまり、「年齢なんか気にしていない」と文で伝えるのではなく、自分の行動によって相手に感じさせるのです。

 

また、お互いにタメ語を時々混ぜることで、あなたという存在が貴重なものになります。

 

だって、普通に考えたらそうですよね?自分の周り、「若くなった気分で会話してくれる男性」なんて他にいないんだから。そう感じさせることさえ出来れば、あなたという存在の価値が自然と高まるのです。

 

しかしながら、最初からガンガンタメ語でいけばいいというものではありません。それでは、ただのマナー知らず、世間知らず、勘違い野郎に思われてしまうだけ。

 

初回のLINEくらいは、敬語を間違いないようだけして送りましょう。

 

そうすることで、「この子は、最低限のマナーを守る人なんだな。」という印象を与えることが出来ます。その印象を一度でも抱かせることができたら、タイミングを見て、気軽なLINEを時々送るようにして下さい。

 

・参考:【LINE未読無視】女の突然未読スルーは脈なしの証!対処法は?

 

まとめ

 

年上女性に送ったラインが既読無視された場合、年上ならではの心理とは以下のようなものがある。

 

  • 相談LINEの連投は、めんどくさい
  • 若さゆえの、“痛い”LINE
  • 年下の男と安易に距離をつめないようにしている

 

既読スルーされて脈なしの状態だからと言って、諦める必要はゼロ。逆転で年上女性をアプローチしていくなら、「年の差」というものを最大限活用すべし。

 

その方法は、逆説的ではあるが「年齢を意識し過ぎないこと」が最も効果的。

 

 

↓未読無視・既読スルーからの逆転が最も成功しやすい

LINE無料講座はコチラ