こんにちは、羽森です。

このページでは「好きな女性とLINEが続かない悩み」について解説していきますね。

今、あなたがこのページをご覧になっているということは、

 

  

羽森さん、好きな女性とのLINEで会話が続かないんです。何回かやりとりはするんですけど、いつも途中で既読スルーされて、それきりです…。

  

どうすれば、女の子とLINEが長続きできるようになりますか?

というように、せっかく好きな女性と連絡先を交換したのに、LINEが続かずに悩んでいるんだと思います。好みの女性に限ってなかなか上手くいかないものですよね。

 

でもですね。あなたのLINEが続かないのは、ある意味当たり前なんです。

なぜなら、99%の男性は女性と間違ったLINEを勘違いしているから。

  

え!どういう意味ですか?!

残念ながら、ほとんどの男性は「女を落としたい!」という熱い思いとは裏腹に、女性とのLINEに失敗して、既読スルーや未読無視されてしまうのがオチなんです。

 

はっきり言って、自ら自滅しに行っているようなものなんですね。

 

 

私自身も、好みの女性とLINEができたのが嬉しくて、相手から返信がきたら即既読をつけて、30分以内に返信するように心掛けていた時期があります。でもその結果、音信不通となった連絡先を量産しただけでした

 

そこから、累計3000人以上の魅力的な女性と肉体関係を築いてきた「恋愛のプロフェッショナル」から対人心理学を学びました。その結果、既読無視されていた状態の女性との関係が復活し、その場で相手から電話がかかってきて、食事にも誘われる程になりました。(参考までに、シェアしておきますね。)

 

 

残念ながら、師匠は情報発信をしておりません。

だからこそ、私が代弁して、女性とのLINEのやりとりに悩むあなたに、“女性との会話を広げる3つのコツ”について、余すことなく解説していきます。

 

このページは、モテない男性の人生をガラリと変えるほど、かなり参考になるはずです。じっくり読み進めて、二度と「なんて送ったらいいんだろう。」と悩まない男になってくださいね。

LINEで好きな女との会話が続かない男に共通する特徴とは?

  

「99%の男性はLINEが続かないのが当たり前」ってどういう意味ですか?

気になりますよね。それでは、まずLINEで好きな女性との会話が続かない男性に共通する「特徴」について触れておきます。

ちなみに、普段どんな感じでLINEを送っていますか?

  

ちょっと恥ずかしいですが、こんな感じで送ってますよ。

 

「こんにちは、元気ですか?今日、たまたま●●に行ったので、連絡してみました(笑)」

 

 

なるほどですね。予想通りです(笑)

では、結論から言ってしまうと、「LINEが続かない男性は、手紙やメールと同じ感覚で、LINEを活用している」ということなんです。

 

手紙やメールのような送り方は、今の時代と相性が最悪と言っても過言ではありません。なぜなら、SNSやLINEが普及した今の時代のニースとマッチしておらず、相手女性にとって退屈でしかないからです。

 

例えば、ずっと気になっている意中の女性に向けて、久しぶりにLINEを送るときなどに、先ほどのような内容でメッセージを送りがちですよね。

 

かっちりとした、いかにも一世代前のメールのような「文章」を送っている男性がほとんど。そして、相手から返信が返ってきても、しっかり文章を書いて、また送り続けます。

 

これでは、LINEで会話を続けて盛り上がるどころか、やり取りすればするほど、「この人とは、感覚が合わない。」と思われて、既読スルーされてしまうのです。

 

女性がLINEでのやり取りで求めているのは、そういったモノではないのです。

  

じゃあ、一体何を求めているんですか?

LINEで好きな女と会話が続かない原因とは?

 

「女性とLINEが続かない!」と嘆く男性が勘違いしてしまっているのですが、大切なことなので、もったいぶらずに言いますね。

 

それは、「LINEが長続きすること=正解」という考えを、持ちすぎない方がいいということ。

  

え、長続きした方がいいと思ってました…!

私も最初はそう思ってました。でも、男女関係なくモテるタイプの人にとって、そもそも「LINE」というのものは、「コミュニケーションツール」でも「単なる連絡手段」でもなく、「暇つぶしのツール」に過ぎないんです。

 

「会話が続く=正解」ではない!

 

繰り返しますが、モテる人間にとって「LINE」とは、「暇つぶしのツール」です。具体的に言うと、「普段は友達に囲まれて、楽しく毎日を送っているんだけど、ちょっとした時間に、楽しいやり取りをして、クスッと笑いたい程度のコミュニケーションツール」という感覚ですね。

 

むしろ、LINEが盛り上がったら、しつこく続けると飽きてしまいます。だからこそ、いつまでもダラダラと続けるのではなく、こちらから既読スルーします。

 

ちょっとLINEが盛り上がったら、切る。また、盛り上がったら、切る。その繰り返しによって、こちらの価値が高まります。価値が高まるから、女性はより食いついてくるんですね。

 

その結果、LINEの会話が続いていくわけです。

 

 

大切なことなので、もう一度お伝えしていおきますが、「LINEを続けること=正解」といった間違った固定概念を、まずは取っ払って下さい。

 

正しくは、「続けようと思えば、いつまででも続けられるけど、長引くのもだるいから、適当なところで終わらせる。」といった感覚なのです。

一つの話題を引っ張りすぎているから

 

「会話が長続き=正解」という間違った考えにも通ずるのですが、会話が続かない人ほど、「一つの話題を引っ張りすぎている」傾向にあります。

 

会話を広げることは大事ですが、一つの話題を引っ張りすぎると、相手に退屈だと思われてしまい、既読スルーされてしまうのです。

  

う〜ん。そしたら、一体どうすれば良いんですか?

参考までに、私の事例をシェアしますね。

◆会話を展開するLINE実例

男「学生だっけ?」

女「そうですよ!」

男「マジかー

   かなり落ち着いてるよね」

女「本当ですか?

     あまり言われないです笑」

男「見た目じゃなくって、

  妙に落ち着いてる笑」

女「緊張してたんですよ、きっと!笑」A

男「ほんとかよ笑

  弟いる?」

 

大事なのは、Aの返答に対して、次の話題に移ることです。間違っても「普段も緊張する性格?」とか「いや、あれは緊張じゃない笑」など、話題を引っ張ってはいけません。

尋問のように質問攻めしてしまっている

 

会話を続けるために連続で女性に質問しているのかもしれませんが、女性は尋問のようなストレスを感じてしまいます。これは、LINEだけではなく、対面でのコミュニケーションにも現れている人が多いので、気をつけた方がいいです。意外と気づかなかったりしますからね。

 

◆参考事例

男「普段、●●行く?」

女「行くよ!」

男「ヘェ〜、何買うの?」

女「服とか、かな」

男「服好きなの?」

女「・・・」

LINEで好きな女と会話が続かないを解決する3つのコツ!

 

さて、ここからは、「好きな女性との会話が続かない悩みを解決する3つのコツ」について、解説していきますね。どれも、決してむずかしいものではありませんので、安心して下さい。

 

3つのコツとは、以下になります。

◆女性と会話を広げる3つのコツ

  • ①LINEの特性を理解する
  • ②「会話」=「何を言うかではなく、何を引き出すか?」
  • ③既読スルーを活用する

 

3つのコツをマスターして頂ければ、LINEだけではなく対面のコミュニケーションにも活かすことができます。豊富な話題を持っていなくても、1つの話題から、どっと盛り上がることもできるので、是非参考にしてくださいね。

LINEの特性を理解する

 

まずは、LINEの特性について。

ここまででも何度か触れていますが、大切なことなので何度もお話ししておきます。

 

LINEとは、手紙やメールのような文章を送るツールではありません。ましてや、チャットという形式で履歴が常に残るので、長い文章が続くとダラダラとマヌケな印象を与えてしまいます。

 

LINEで盛り上がるには、何よりもノリが大切。やり取りの回数を重ねればいいというものではないのです。初めて会った女性とも、表面的な天気の話や時事ネタを重ねても、仲良くなれませんよね。それよりも、バカ話とか、下ネタとかの方が距離がグッと縮まります。

 

 

女性に「退屈さ」や「この人とは感覚が合わない」と思われないために重要なのは、「LINEは会話の延長」という考え方です。

 

例えば、飲み会などで大いに盛り上がっているときに、どのように会話をしていますか? 丁寧で、しっかりとした言葉で会話している人は、ほとんどいないと思います。

 

「そうそう」

「まじか」

「わかる」

「やばい」

「ウケる」

「でたよ笑」

 

といった、必ず短い言葉のやり取りになっていますよね。この会話の感覚を、LINEに置き換えればOKなのです。つまり、

 

 

こんにちは、元気ですか?今日、たまたま●●に行ったので、連絡してみました(笑)」

 

 

といった、まどろっこしく、女々しく、気を使いまくるようなメッセージではなくて

 

 

「●●行ったよ」

 

 

と、なるのがベストです。

「会話」=「何を言うかではなく、何を引き出すか?」

 

これが出来ていない人が、意外と多いです。どんな些細なことでも、女性がふともらす、ちょっとした一文。それを見落としていては、まず進展はないと言っても過言ではありません。

 

同じ話題をだらだら繰り返すパターンでは、相手に飽きられてしまいます。会話が広がらないから、相手から痺れを切らして、既読スルー…。

 

 

そうではなくて、これまでのLINEのやり取りの中で、何か違和感を覚えるような発言をしてきたら、必ず、それに対する質問を入れることがポイントです。それも基本的には、「これまでの会話への返信+軽い質問」といった、さらりとした流れが理想的です。

 

例えば…

◆LINEの中に、「バイトが疲れた」だの、「明日もバイトだ」といった言葉が入ってきた場合。

 

「〜〜〜」

+「つーか何のバイトか当てていい?」

 

◆仕事系のワードが入ってきた場合。

 

「〜〜〜」

+「つーか仕事してたんだ?」

既読をつけて、スルーしろ

 

モテる男は、女性からのLINEの既読無視に一切気にしません。むしろ、LINEを続けるのがだるいくらいでガンガン自分から切っています。

 

なぜなら、女性に依存していないからです。一人の女性に固執してしまうと、女性の一挙手一投足にビビってしまい、振り回されやすくなります。しかし、これは多くのモテない男の特徴です。

 

ぶっちゃけたことを言えば、モテる男は、常に10人くらいの女性を相手にしているので、そのうちの1人から返信が返ってこないことは普通の事なのです。

 

だから、全然気にしません。というより、相手が多すぎて、「あ、そういえば返してねーや。」と、何週間も放置していることすらあります。

 

適当にやりとりしているから、自然と女性から追われる身になるんですね。その適当さが、差別化になって、女性からシビレを切らして、「ねえ。連絡いつくれるの。」と言ってくるわけです。

  

でも羽森さん、僕はそんな連絡を取る女性なんていませんよ。

もちろん、モテる男のように複数の女性とやりとりしている方が、精神衛生上も良いのは間違いありません。それよりも大切なのは、あなたの周りに大勢の女性がいようといなかろうと、モテる男と同じ感覚でいなければならないんです。

 

私も最初は、いきなり連絡する女性の数を増やすのは大変でした。なので、まずモテる男と同じ感覚が持てるように、「自分にはたくさんの女性がいる。この女性一人だけじゃないんだ。」と言い聞かせてましたね。

 

それを繰り返しているうちに、不思議と気持ちに余裕が出てきて、落ち着いて女性とコミュニケーションが取れましたので、是非「モテる男のイメージ」を持ってみてください。

 

・参考:【LINE未読無視】女の突然未読スルーは脈なしの証!対処法は?

まとめ

 

LINEで好きな女性と会話が続かないと嘆く、世の中の多くの男性は、そもそもLINEの捉え方が間違っている。

 

  • LINEは、メールや手紙のように丁寧でしっかりとした文章で送るものはでない
  • 「マジか」や「お前なー笑」といった、短い言葉のやり取りの応酬で盛り上がるもの

 

また、LINEは長く会話を続ければいいというものではなく、一瞬パッと盛り上がれれば、それでOK。狙った女性を落とせる男ほど、ガンガン連絡を切っていく。

 

本当に女性を惚れさせる事ができれば、駆け引きなんてしてこない。なぜなら、「嫌われたくない」という感情が芽生えるし、「駆け引き」をしてくる隙がないから。

 

何よりも、相手女性に依存しないことが大切。ぜひこの瞬間から、女を追う側ではなく、追われる側の男になってください。

 

 

↓未読無視・既読スルーからの逆転が最も成功しやすい

LINE無料講座はコチラ