こんにちは、羽森タカです。

この記事では、「南海キャンディーズの山里亮太さんと、女優の蒼井優さんの結婚から読み取る、好きな女性を落とし方の7つの恋愛テクニック」について解説していきます。

 

2019年6月にお笑い芸人の山里亮太さんと蒼井優さんがご結婚されましたね。私は普段テレビを見ないのですが、このニュースを知ったときには、とてもビックリしたのを覚えています。

 

それと同時に、このお二人の結婚について「恋愛的な観点から紐解くことができれば、私のブログの読者さんにも役立たせることができるんじゃないだろうか?」と思って、今回記事にすることにしました。

 

  

でも、山里さんだからゴールインできたわけで、僕たちが普段の恋愛に活かすことなんてできるんですか?

 

そこが気になりますよね。でも、安心してください。

私が二人の結婚報道やラジオなどのメディア、さまざまな参考文献から分析した結果、山里さんが蒼井優さんに使った7つの恋愛テクニックは、今の私たちの身の回りでも十分に応用することができることが分かりました。

 

具体的には、このページを解説してる恋愛テクニックを活用することで、あなたの身の回りで「高嶺の花」のような魅力的な女性でも、意のままに落とせる方法がわかるようになります。

 

恋愛に疎い、超初心者の方にもわかりやすいように解説していきますので、ぜひこのままスクロールしてくださいね。

 

好きな女性の落とし方!山里亮太さんと蒼井優さんの歩み

 

なぜ、山里亮太さんは蒼井優さんという女性を、「女友達」から「彼女」にして、ひいては「生涯のパートナー」へとダイナミックに関係を変化させることができたのか?

 

二人の出会いからゴールインするまでにいろんな要素があるのはもちろんですが、あえて一言で言うならば、「山里さんはタイミングを合わせるのがとても上手だったから」だと思います。

 

  

「タイミング」ですか?

 

「タイミングってどういうことなのか?」「好きな女性を落とし方の具体的な恋愛テクニック」については、詳しくは後述していきます。まずは、おさらいも兼ねて、山里亮太さんと蒼井優さんがプロポーズするまでの一連の流れを見ていきますね。

 

 

 

◯山里亮太さんは「よしもとブサイクランキング」で3年連続1位を獲得し、ブサイクランキングで殿堂入りを果たす。

◯1977年4月14日生まれの42歳、身長178cm。

◯山里さんと蒼井優さんは2018年8月に放送されたバラエティ番組『全力!脱力タイムズ』で共演。

 ↓

◯1年以上前から一緒に食事をする仲。

 ↓

◯映画「フラガール」で共演したしずちゃんと蒼井優さんは意気投合し、大の仲良しになりました。

 ↓

◯そんな中、ひょんなことから食事を重ねることになった蒼井さんと山ちゃん。

 ↓

山ちゃんの仕事に対する真面目な姿勢を見て、蒼井さんは恋心を持ち始めます。

 ↓

◯しずちゃんは「山ちゃん、今日このくらいの時間に仕事終わるから、その頃にデート誘えばいいと思うよ」や「山ちゃん、今日が誕生日やで」など、大親友の蒼井優さんのために恋が上手くいくようサポート。

 ↓

◯そんな山里さんがある時から、トレードマークであるおかっぱ頭の毛先を遊ばせるようになり、赤いフレームのメガネも少しずつオシャレなものに変わっているのです。

 

 

◯実は芸能界で「山ちゃんとご飯と食べたい」という女性が増えていたようです。しかし、山里さんは非モテキャラを貫くために食事を断っていたそう。

◯お笑い芸人で『オードリー』の若林さんが「芸のために彼女を作らないようにしてるの?」と聞いたところ、山里さんは肯定したとのこと。

 ↓

◯蒼井優さんは山里さんの好きなところについて、次のように話しています。

  • しんどいぐらいに笑わせてくれるところ
  • 感動することや許せないことのラインが一緒なところ
  • 金銭感覚が似ているところ、
  • 冷蔵庫をちゃんとすぐ閉める、あと優しい。
  • 仕事をする姿勢が尊敬きできるところ。

 

◯蒼井さんは自身の持つ恋愛観について、友人のヒャダインさんに話していたそうです。ヒャダインさんのツイッターでは蒼井優さんは「”誰を好きか”より ”誰といるときの自分が好きか”が重要」と言っていたそう。

つまり、仕事に向き合う姿が尊敬できるという山里さんと一緒にいる時の自分が自分にとってのベストな状態であり、成長できると感じたのではないでしょうか。

 ↓

◯蒼井さんは、山里さんに対して「話も合うし、すごい楽しい。俺といて楽しい。」と言っていたようで、山里さんのことを好きになってくれる可能性があるのかなと思っていたそう。

 ↓

◯そこで、山里さんは「蒼井さん、僕と付き合ってみます?」といい、重ねて「僕一生でこんなに合う人はもう出てこないと思ったので、告白して結婚前提の意志を伝えました」と伝えたんだとか。

◯すると、なんと蒼井さんの返事は「はい」と頷いて、夢を見ているようだったと。

 ↓

◯プロポーズの言葉について山里さんは、蒼井さんを自宅に招いた際に、先に家を出なければいけなかったため、「重いと思うと思うんですけど、そんな深い意味はなく、鍵を渡していってもいいですか?」と尋ねたそう。

◯すると、蒼井さんは「深い意味でも良いんですよ」という返事を返し、山里さんは「僕と結婚してみます?」と推しの一言投げかけました。その蒼井さんの返事は「はい」と承諾し、プロポーズになったと話しています。

 

  

何度読んでもステキなエピソードですね。

そうですよね。では、一連の流れをおさらいした上で、私たちが拾っておかなければならないポイント、つまり「7つの恋愛テクニック」について丁寧に解説していきますね。

 

ちなみに、これから紹介するテクニックの数々を山里さんが意図的に使っていたのかどうかは分かりません。山里さんの日頃のコミュニケーションによって、結果的に蒼井優さんに惚れられた形になったのかもしれません。しれませんが、この「プロセス」には私たちが学ぶことできる7つのポイントがある、ということを理解していただければなと思います。

 

好きな女性の落とす7つの方法を山里亮太と蒼井優の結婚から読み取る!

 

このページで取り上げる、好きな女性を落とし方は、次の7つのテクニックから成り立ちます。

 

<山ちゃんから学べる、好きな女性を落とす7つの恋愛テクニック>

  1. ブサイクランキング殿堂入りするほどの顔面でも関係ナシとするマインド
  2. 女性に足切りされない最低限の清潔感
  3. 女性を味方につける
  4. キャラクター作りを徹底する
  5. 感性の一致
  6. 人間として尊敬できる要素を感じさせる
  7. タイミングを合わせる観察力

 

それでは、一つひとつ見ていきますね。

 

ブサイクランキング殿堂入りする顔面でも関係ナシとするマインド

◯山里亮太さんは「よしもとブサイクランキング」で3年連続1位を獲得し、ブサイクランキングで殿堂入りを果たす。

◯1977年4月14日生まれの42歳、身長178cm。

 

山里さんのプロフィールを見てもらえればわかる通り、見た目で言えば、周りの男性よりもハンディキャップが大きかったわけです。

 

年齢も42歳で、結婚適齢期とは言えませんよね。しかし、身長が178cmで他の男性よりも有利な部分があるかもしれませんが、恋愛において「見た目の良し悪し」はあまり関係がありません。

 

もちろん、イケメンだったり可愛かったりする方がチヤホヤされるかもしれませんが、イケメンだからモテる、可愛いからモテるということは、さほど関係がないのです。

 

つまり、すごくシンプルですが、「見た目にコンプレックスを持つ必要はない」ということ。

 

さらに言えば、山里さんの場合、「コンプレックスを武器にしていた」というのが良かったと思いますね。

 

  

コンプレックスを武器にするってどういうことですか?

例えば、「背が低いのですが」「ハゲているのですが」「顔がデカいのですが」「デブなのですが」ということで悩む人は多いですよね。

 

これらの本人が抱える弱点(と思っているもの)の使い方を工夫すると、非常に大きな武器に変えることができます。

 

なぜなら、相手が「そう感じているモノ」は反応を取りやすいからです。

 

 

その方法については、別の記事で詳しくお話ししようと思いますが、背が低い、ハゲている、顔がデカイ、太っている・・・という風に人から思われるということは、それをユーモラスに使えば、一気に印象が良くなります。

 

平たく言えば、山ちゃんみたいに「ブサイクを武器にトークをしたり、振る舞う」ことで、相手に「ここまで踏み込んでいい」という線引きをさせます。線引きをしているから、相手が踏み込んでくれて、距離が縮まりやすくなるのです。

 

例えば、私のナンパ仲間に「内藤大助の顔面に右フックを2発、左ストレートを3発殴ったような顔」の人がいます。それでも彼ははっきり言ってスゴくモテるんですね。なぜなら、女性との距離を縮めるのがとても上手だからです。

 

女「ブサイクだよね」

男「俺な。こないだ整形した。ちょっとバランス崩れてたから二重を一重にしといたわ」

 

こんなやりとりをして、キャッキャと楽しんでいるわけです。彼をもはや鉄板にしていました。

 

要は、モテない人ほど「コンプレックス」と受け止め、悩み続けています。逆に、モテる人はそれを「おいしい」と受け止め、ガンガン活用している印象ですね。

 

女性女性

「”誰を好きか”より ”誰といるときの自分が好きか”が重要」

実際に、「外見を何よりも重視する」という女性はそんなに多くないです。蒼井優さんのように、内面に重きを置く女性の方が多いです。

 

言い換えれば、内面で勝負できるような女性(蒼井優さん)が自分の前に現れるまで、タイミングを待つ。そして、いざ出会ったときに、相手のニーズに応える(結果的にそうなった)ように自分を合わせる能力が、山里さんは長けていたとも言えます。

 

それこそが、「タイミングが掴むのが上手」と感じた理由ですね。

 

 

だからこそ、まず何よりも「女性を落とす上で、ルックスをコンプレックスに持つ必要はない」という心構えを持たなければ、他の6つのテクニックの威力を最大限引き出すことは難しくなってしまうので、ぜひ忘れないでおいてください。

 

周りの女性を味方にする

 

 

◯しずちゃんは「山ちゃん、今日このくらいの時間に仕事終わるから、その頃にデート誘えばいいと思うよ」や「山ちゃん、今日が誕生日やで」など、大親友の蒼井優さんのために恋が上手くいくようサポート。

 

 

山里さんと蒼井優さんの関係発展には、山里さんの相方でもある、南海キャンディーズの「しずちゃん」の影響が大きかったと思います。

 

極端かもしれませんが、あなたの身の回りの女性をすべて味方につければ、どこかで役に立つ可能性があるというわけですね。私はこれを「バタフライ効果」だったり「複利」っていう言い方をしています。

 

 

ここから私たちが学べるのは、たとえ身の回りの女性がどんなに自分の好みじゃなかろうと、雑に扱わない。女友達として大切に扱っておくということです。

 

つい私たちは性的魅力の高い女性との関係ばかり望み、性的魅力の少ない女性との関係はないがしろにしてしまいがちです。

 

目に見える損得感情や、短期的な満足だけで人間関係を築いていくのではなく、「どこで助けになってくれるか分からない」という長期的な視点を持って、女友達として扱うことを心がけておくと、あなたの思ってもいないところで助けてもらえる確率が高まるということですね。

 

実際に私自身、ナンパで出会った女性と肉体関係になるよりも、女友達として関係を増やしておいて良かったなあと思うときがあります。

 

女性に足切りされない清潔感

 

「清潔感」の大切さについては、多くの恋愛を教えている人たちも語っていますが、私もその通りだと思います。

 

 

◯そんな山里さんがある時から、トレードマークであるおかっぱ頭の毛先を遊ばせるようになり、赤いフレームのメガネも少しずつオシャレなものに変わっているのです。

 

 

特に山里さんの場合、過去の写真と比べてもらえれば一目瞭然だと思うのですが、外見に気をつかっているのがわかりますね。

 

 

  

でも羽森さん、さっきは「女性を落とす上で見た目の良し悪しは関係ない」って言ってたじゃないですか。

 

顔の大きさとか、ハゲているとか、太っているなどにコンプレックスを持つ必要はありませんが、「清潔感」はクリアしておいた方がいいということです。

 

なぜなら、スタイルに自信がない人は、人よりも少し気を使わないと不潔に思われやすく「外見で判断しやすい女性」が現れた人に、完全に外されてしまう可能性が高まるためです。

 

たとえば、髪のフケ、爪などの外身(そとみ)で見える清潔感は整えて「小綺麗」と思われるくらいが丁度いいんですね。

 

 

山里さんの場合は、「垢抜けた感」がとても出てると思います。事実、芸能界で「山ちゃんとご飯と食べたい」という女性が増えていたようですよ。

 

 

私たちが企画しているコンサルティングのクライアントにも、清潔感に気を使わなさ過ぎて、女性との初デートで2秒で帰られたショッキングな経験から、劇的に飛躍していくレポートをシェアしているので、ぜひ読んでみてください。

 

◆参考:恋愛コンサル生のAさんがわずか1ヶ月で3人の新規女性と肉体関係を築くことに成功!

 

キャラクターを印象付けする

 

◯蒼井優さんは山里さんの好きなところについて、次のように話しています。

  • しんどいぐらいに笑わせてくれるところ
  • 感動することや許せないことのラインが一緒なところ
  • 金銭感覚が似ているところ、
  • 冷蔵庫をちゃんとすぐ閉める、あと優しい。
  • 仕事をする姿勢が尊敬きできるところ。

 

蒼井優さんは5つの証言をしておりますが、一番目の「しんどいぐらいに笑わせてくれるところ」について、まずは解説していきますね。

 

山里さんって「面白い」っていうイメージがしっかり定着されてますよね。まあお笑い芸人だからっていうのもあるのですが、もう少し砕けた表現をすると、「この人が発言したら、笑いが生まれそう」な雰囲気があると思います。

 

いわゆる、キャラクター(印象)です。

 

で、「笑い」っていうのはとても重要で、なぜ「笑い」が大事なのかという話も、そのうち詳しくまとめて一つの記事にしたいなと考えています。

 

ここでは、どうやって相手を笑わせればいいか? という簡単なポイントについて解説していきます。

 

結論から言うと、自分の中の想像を少し超えてくる(予想外のことが起きる)と、笑いが起きやすいのです。言わば、「そっちかー(笑)」的な笑いの方が、再現しやすいと思います。

 

例えば、以下のような女性からLINEがきたとします。

 

女「仕事つらたん」

女「もう帰りたい!」

 

この時、あなたであればどう返信しますか?

 

「お疲れさま!」

「大丈夫?」

 

おそらくですが、ほとんどの男性は、上記のような返しをしています。これは、本当に相手を心配している場合もあるだろうし、「優しくするのが正解」という先入観から、無意識で反射的に返している場合もあるんだと思います。

 

ですが、その女性を落とすという視点を考えたときに、この返信では「ありきたりで、退屈」。つまり無難すぎるのです。

 

女性を楽しませられる男は、次のように切り返します。

 

男「おう帰れ帰れ」

女「帰れない」

男「そこをあえて帰る」

女「クビ(笑)」

男「つか、どした?笑」

 

まず、私たちが理解しなければならないのは、こういった日頃の会話やLINEなどでの「何気ない女性の言葉」には、ほとんど意味はこもっていません。なんとなく、構ってほしいだけです。

 

むしろ、

「仕事で疲れた、退屈。」「だから、楽しませて。」

 

と、捉えた方がいいです。

 

ユーモアなやりとりを連続させて、相手が思わずクスっとなり、「こうくるかー笑」と思わせると、楽しいキャラクターに受け止められやすくなります。その上で「愚痴」などを吐き出させることができれば、あなたに独自の楽しさを見出してくれるのです。

 

その結果、女性の中で、「あなたともっと話してみたい」「あなたを、もっと知ってみたい」という感情が生まれるんですね。

 

 

…少し話がそれましたが、異性と出会って、あなたに対して「楽しい人」と序盤からキャラクター付けをするためにも、「笑い」というのは、ひとつカギになります。

 

 

さて、ここまで大分長くなってしまったので、以下の残り4つの証言と

 

  • 感動することや許せないことのラインが一緒なところ
  • 金銭感覚が似ているところ、
  • 冷蔵庫をちゃんとすぐ閉める、あと優しい。
  • 仕事をする姿勢が尊敬きできるところ。

 

  • 感性の一致
  • 人間として尊敬できる要素を感じさせる
  • タイミングを合わせる観察力

 

後半の3つの恋愛テクニックについては、次回の記事で解説していきます。かなり深掘っていくので、ぜひ楽しみにしていてくださいね。

 

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

既読スルーからの逆転が

最も成功しやすい講座はコチラ!

↓ ↓ ↓