どうも、羽森タカです。

 

このページは、前回の「猿でもわかる!山里亮太に学ぶ好きな女性の落とし方!7つの恋愛テクニックを徹底解説」に引き続き、好きな女性を落とす7つの恋愛テクニックの後編となります。

 

早速ですが、まずは前回のおさらいです。

1:好きな女性を落とす上で、見た目をコンプレックスに感じる必要はゼロ。

→コンプレックスではなく、武器として、女性と距離を縮めるために活用する。

2:コンプレックスに感じる必要はないが、「小綺麗」と思われるくらいの清潔感を保つ

→外見で判断しやすい女性と出会ったときに、外される確率を極端に下げれる。

3:周りの女性を味方につける

→バタフライ効果で、自分の恋愛が上手くいくようにサポートしてくれたりする。

4:キャラクター(印象付け)を徹底する

→蒼井優さんが「しんどいぐらいに笑わせてくれるところが好き」と話したように、「笑い、ユーモア」は非常に大切です。ギャップ生成になったり(詳しくは後述)、あなたに独自の楽しさを見出してくれるようになります。

 

で、です。

今回は、蒼井優さんが”山里さんの好きなところ”として話した、以下の残りの4つの証言

 

  • 感動することや許せないことのラインが一緒なところ
  • 金銭感覚が似ているところ、
  • 冷蔵庫をちゃんとすぐ閉める、あと優しい。
  • 仕事をする姿勢が尊敬きできるところ。

 

好きな女性を落とす7つの恋愛テクニックの残り3つの手について、

 

  1. 感性の一致
  2. 人間として尊敬できる要素を感じさせる
  3. タイミングを合わせる観察力

 

詳しく解説していきますね。

ぶっちゃけ、恋愛だけでなく、あなたの身の回りの人間関係の質を高める「テクニック」として、効果の高いスキルばかりですので、是非このままスクロールしていただければなと思います。

 

好きな女性を落とす方法⑤感性の一致をねらう

 

山里亮太さんに学ぶ、好きな女性を落とす方法5つ目は「感性の一致」です。

 

このテクニックは、先に挙げた蒼井優さんの2つの証言と通ずるところがありますので、一緒に解説していきますね。

 

  • 感動することや許せないことのラインが一緒なところ
  • 金銭感覚が似ているところ、

 

「感動することや許せないことのラインが一緒なところ」「金銭感覚が似ているところ」とは、言わば、ものごとに対する感性が一緒(もしくは、近い)と感じていると言い換えれます。

 

もっと砕けた表現をすれば、「良いことは良い、悪いことは悪い、と思える部分が一緒」となるかもしれません。

 

世の中で「恋愛」や「コミュニケーション」を教えている多くの講師や著者は「理解する」とか「共感する」とか、一見すると重要そうで効果がありそうなことを教えていますが、ぶっちゃけて言うと、私自身はあまり重要視していないんですね…(笑)

 

ですが、山里さんが蒼井優さんと結ばれるために使ったコミュニケーションの中では、この「感性の一致」が少なからず影響力を持っていたと思いますし、男女経験に疎くても比較的演出しやすいテクニックでは、あります。

 

  

どうやったら好きな女性と感性の一致ができるんですか?

 

その方法は、以下の2ステップでできるようになります。

 

ステップ1:相手に質問する

ステップ2:「それ似てる」「わかる」などで、感性の一致を演出する

 

 

例えば、好きな女性に対して「感動すること」に対して感性を合わせたいと思ったら、映画の話題を持ち出して「最近、何か観た?」と質問します。

 

その映画に対して、彼女が「すごく感動した」と言えば、「わかる。あのシーンとか良いよね」などのシンプルなセリフで感性の一致を演出することができます。

 

  

相手が好きなモノに対して、自分が「好き」だと思えない場合でも、好きだと演技すればいいんですね!

 

うーん、そうなんですけど…ただ、忘れないでほしいのですが、それは本質的ではないんですよね。

 

ここで一つ、「理解」や「共感」を示すためのポイントですが、うわべだけの理解や共感ではなく、「あなたの視野を広げるつもりで、向き合うこと」です。

 

彼女が感動するところに対して、「あ、この子はこんな風に感じたんだ。」と、感動できるような感じ方をすればいし、逆に彼女が許せないところに対して、「あ、なるほどね。それは僕も許せないな。」と感じる方が、「わかる」「似てる」などの言葉が心から言えるようになる、ということですね。

 

好きな女性を落とす方法⑥人間的に尊敬できる!と感じさせる

 

このテクニックも、蒼井優さんの次の2つの証言と通ずるところがあります。

 

  • 冷蔵庫をちゃんとすぐ閉める、あと優しい。
  • 仕事をする姿勢が尊敬きできるところ。

 

  

「冷蔵庫をちゃんとすぐ閉める」なんかで、本当に好きになってもらえるんですかね?

 

実は、この発言にもきちんとした隠されたロジックがあります。

 

それは、女性が男性に対して「この人は、きっと育ちがいいのね」というようなポジティブなイメージを抱いてくれるのです。

 

これは、どのようにして女性の感情が動くのか? を理解していただく必要があります。

 

 

女性は、他人から押し付けられる価値観や他人から説得される言葉では、決して感情を動かしません。これは、別れを告げられた元カノに対して、元カレが「ここを直すからヨリを戻して!」と泣いて懇願したとしても、効果が見込めないのは、あなたでも想像に容易いですよね?

 

そうではなく、女性は自分自身の直感を絶対的に信じます。

 

論理的に物事を判断する男性とは違い、与えられたイメージから得るフィーリングによって、物事を判断するのが女性なのです。

 

 

 

そういった特性から、女性自身が「こうかもしれない、きっとそうだ!」と感じたことに関しては、全ての女性たちは、たとえ周囲からどう避難されようと絶対的に信じ続ける傾向にあります。

 

もし、それが心から大切にしたいパートナーであれば、全世界の人間を敵に回してでも、パートナーを信じ続けるほど絶大なパワーを発揮するのです。

 

大切なことなので、もう一度言うと、

 

「女性が直感を感じやすいポイントを理解して、そのポイント達に対して、わざとらしくなく、さりげない演出でイメージを与えてあげる作業」

 

によって、女性の感情を意図的に動かすことができるのです。山里さんの場合、そのポジティブなフィーリングを蒼井優さんに与える作業が、

 

  • 冷蔵庫をちゃんとすぐ閉める、あと優しい。
  • 仕事をする姿勢が尊敬きできるところ。

 

というわけですね。

 

なにも難しいことをやれ、というわけではなく、一般常識レベルで「お母さんやおばあちゃんに言われた程度」のことを普通にやればいいのです。

 

「優しい」と感じさせる場合でも、女性のファッションアイテムでもあるバッグを半強制的に持ってあげて、「えっへん!」などと独りよがり視点で判断した優しさではなく、実際に優しい人を真似すれば、さりげなく、わざとらしくない優しさを演出できます。

 

 

  

「仕事をする姿勢が尊敬できるところ」かぁ。デキる人間になれるか不安です…!

 

仕事はできたことに越したことはありませんが、テキパキとデキる人間になる必要はないので安心してください。考え方として、与えられた時間と役割に集中することの方が、よっぽど魅力的な印象を与えることができます

 

好きな女性を落とす方法⑦タイミングを合わせる

前回の記事の冒頭で、山里亮太さんが蒼井優さんを女友達から、彼女として交際し、生涯のパートナーへと関係性をダイナミックに変化させれたのは、「山里さんはタイミングをつかむのが上手だった」からと結論付けました。

 

<山里亮太さんと蒼井優さんの歩み>

◯山里さんは「蒼井さん、僕と付き合ってみます?」といい、重ねて「僕一生でこんなに合う人はもう出てこないと思ったので、告白して結婚前提の意志を伝えました」と伝えたんだとか。

◯すると、なんと蒼井さんの返事は「はい」と頷いて、夢を見ているようだったと。

 ↓

◯プロポーズの言葉について山里さんは、蒼井さんを自宅に招いた際に、先に家を出なければいけなかったため、「重いと思うと思うんですけど、そんな深い意味はなく、鍵を渡していってもいいですか?」と尋ねたそう。

◯すると、蒼井さんは「深い意味でも良いんですよ」という返事を返し、山里さんは「僕と結婚してみます?」と推しの一言投げかけました。その蒼井さんの返事は「はい」と承諾し、プロポーズになったと話しています。

 

丁寧に言えば、告白の言葉もプロポーズも、流れで、いやらしくなく、そしてさりげなく、誠実に感じさせているタイミングだったのではと思います。

 

要は、相手が望んでいるタイミングで、オファーをするということですよね。

 

相手が望んでもいないタイミングでオファーしても、「時間ちょうだい、考えさせて」と言われるかもしれませんし、断られる可能性もあるわけです。

 

もちろん、山里さんと蒼井優さんの会見を聴いていると、どのタイミングでも上手くいったんじゃないかなとも思います。

 

思いますが、特に絶妙なタイミングでのオファーは、さすがだなと唸らざるを得ませんでした。

 

  

なるほど、でもタイミングを合わせるのって、難しいんじゃないですか?

 

そう感じてしまうのも無理はありません。ですが、これはぶっちゃけて言ってしまうと、相手が求めているタイミングは、一緒に過ごしていれば自然とわかるものなんですね。

 

正直、テクニックもクソもありません。

 

しかし、「相手が欲しいものがわからない」のであれば、それは「観察」が足りないと思った方がいいです。

 

 

ということで、最後に、今すぐ「観察力」を引き上げて、好きな女性を落とす確率を高める方法をお伝えして、このレポートを終わりにしたいと思います。

 

今すぐ好きな女性を落とすための現実的なアクション!

 

このレポートを通して、あなたの現実をダイナミックに動かすためにぜひチャレンジして頂きたい「今すぐアクション」は、

 

 

あなたの周りにいる女性に対して、「最近感動したこと」or「腹が立ったこと」を聞き出して

さらに「なぜ、そう感じたのか?」を掘り下げて聞いてみる

 

 

そもそも、「観察力」が下がってしまう原因の一つに、「自分の視点だけで解釈してしまう思考のクセ」があることが考えられます。

 

あなたが正しいと思ってるモノは、必ずしも他人が正しいと思っているとは限りません。反対に、あなたが間違っていると思っているモノに対して、他人は正しいと思っているかもしれないですよね。

 

そこで、あなた自身の視点から飛び出すために、相手の感情についてインタビューしてみてください。

 

その時にもしかしたら、あなたは相手を非難したくなったり、自分の主張を押し付けたくなる気持ちが湧き上がってくるかも知れません。

 

仏さまになる必要はありませんが、この1回のチャレンジではグッと我慢して、あなたの視野を広げるつもりで、向き合ってくださいね。

 

ぜひそのチャレンジの感想や気づきを、私にメールで教えていただけたらフォローアップもしていきます。

 

まとめ

 

ここまで、山里亮太さんと蒼井優さんの結婚会見から読み解く、好きな女性を落とす7つのテクニックについて解説していきました。

 

<山ちゃんから学べる、好きな女性を落とす7つの恋愛テクニック>

  1. ブサイクランキング殿堂入りするほどの顔面でも関係ナシとするマインド
  2. 女性に足切りされない最低限の清潔感
  3. 女性を味方につける
  4. キャラクター作りを徹底する
  5. 感性の一致
  6. 人間として尊敬できる要素を感じさせる
  7. タイミングを合わせる観察力

 

テクニック論としていくつか紹介していきましたが、蒼井優さんにとって、居心地の良い空間を作れるか? あなたの好きな女性が何を求めているのか? それを理解し、あなた自身で再現するには「観察力」が全てです。

 

これらのテクニックをふんだんに積み重ねていけば、再現性のない恋愛素人メンターの教えよりも、山里亮太さんのような「女性との幸せ」を実現することは十分に可能になります。

 

ぜひ、前回のレポートと併用して、何回も読み直してみてくださいね。

 

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

既読スルーからの逆転が

最も成功しやすい講座はコチラ!

↓ ↓ ↓