こんにちは、羽森です。

このページでは、モテる男のLINE術講座として、前回「【モテる男のLINEvol.3】既読無視から復活して、デートの約束を取り付けた驚きの仕組みとは? 」の続き、「音信不通になった女性とのLINEを復活させて、デートの取り付ける4ステップ」の後半について、解説していきます。

 

  

最終ステップってことは、女性をデートに誘う場面ですね。

  

でも、デートに誘って断られたらと思うと、不安になってきました…。

おそらく、あなたも気になる女性をデートに誘いたいと思っても、断られるのが怖いとか、上手なデートの誘い方を知りたいと思ってるかもしれませんね。

 

ただ、私から言わせてもらえば、大事なのは「デートの誘い方」ではないです。むしろ、誘い方なんてどうだっていいとさえ思っています。

 

  

え、どういう意味ですか?

気になりますよね。これから、デートに誘うステップ4を詳しく解説していくのですが、その前に、おさらいとして、軽く前回まで振り返りをさせてください。

 

「おさらいはスキップしたい」というのではあれば、目次からチャプター4の「どうやったら、女性がOKしやすいノリが作れるのか?」に飛んで頂ければ、すぐに続きが読めますよ。

 

モテる男のLINE術講座 前回のおさらい

 

好きな女性をLINEで振り向かせ、デートを取り付けるためのアプローチとして、以下の全体像を解説していきました。

 

  • ステップ1:相手から返信を得る
  • ステップ2:いつでもLINEできる関係の構築
  • ステップ3:相手がLINEを楽しんでいるかの確認
  • ステップ4:LINEの温度が高いところでオファー

 

  

ステップ1では、1週間くらい放置してから、シンプルな質問系のメッセージを送ったり、相手のプロフィールを使ったLINEを送るんでしたよね。

そうそう。

それぞれのプロフィールに対して、一通目をどう送るかは、以下を参考にしてくださいね。

 

  • キャラクターなど何かの画像の場合 → 「ピーポー君」「シュールだな笑」
  • 背景画像 → 「それ◯◯?」
  • 服など、触れやすい題材がある → 「パーカーどこの?」
  • 女性のツーショット → 「姉妹?」

 

  

ステップ2では、女性といつでもLINEができる関係を構築する、ですよね。

いいね。具体的には、一つの話題をグダグダと引っ張るんじゃなくて、早い展開が大事。なので、以下のルールを基本の型として、参考に使ってください。

 

 

1つの質問 → 2往復のキャッチボール → 別の話題

 

 

  

ステップ3は、相手が楽しんでるかの確認、ですね。

OK。このステップ3は主に2回目以降のLINEでチェックしていきます。どうやって「相手が楽しんでるか」を確認するかは、以下の4つをそれぞれチェックしてみてください。

 

  • あなたの冗談に乗っかってくるか?
  • あなたとの会話に積極的か?
  • あなたをイジリ返してくるか?
  • トーク量は増えてきているか?

モテる男のLINEは、デートの誘い方を意識していない

 

  

羽森さん、冒頭で「デートの誘い方なんてどうでもいい」って言ってましたが、何故なんですか?

これは仕方のない事だと思いますが、女性経験が浅い人に陥りやすいのですが、「デートの誘い」は意識するべきものではありません。

 

そもそも、女性は誘い方が魅力的に感じるから「OK」を出すのではないんです。夕日の沈む土手を、二人で一緒に歩きながら「こ、今度僕と一緒にデートして欲しいんだなあ!」と背筋を伸ばしながら言ったところで、「良くできました」とはなりません。

 

  

じゃあ、何が決め手になるんですか?

 

それはとてもシンプルで、あなたとの時間が楽しそうだから、会うのです。キャバクラで、自慢話を延々と語るオッサンから「仕事終わりに飲み直さない?」と誘われても、「絶対に退屈、むしろ苦痛。」と思われてしまい、OKをもらうことは出来ません。

 

それなのにも関わらず、イエスかノーの二択で回答を迫る誘い方をされても、「一緒にいて楽しいだろうな」「居心地がいいんだろうな」とは絶対に感じないのです。

 

 

むしろ、二択の誘い方をされた途端に、女性はあなたの存在自体にストレスを感じてしまいます。

女性が思わずOKを出す、モテる男の上手なデートの誘い方とは?

 

あなたは普段、女性とのLINEでどのようにデートに誘っていますか?

 

  

例えば、「今度の日曜日。仕事お休みかな? もし良かったら、ご飯食べに行こうよ。」ですね。

なるほどね。それだと、相手に白黒求めるような重たい印象を与えてしまいます。

 

モテる男の上手なデートの誘い方とは、女性経験が少ない男性が考える誘い方の真逆です。つまり、会話の流れで、二人でどこかへ行くノリを作り出すことを大事にしています。

 

例えば、LINEのやりとりがポンポン続いている中で、楽しい雰囲気を作って、「じゃ、いくか?」みたいな軽いノリです。要は、シンプルな一言でオファーするのが理想的なのです。

 

この流れなら失敗しませんし、女性が好む誘い方なのです。(好むとは、女性の扱いに馴れたモテそうな男だな。と感じる、という意味)

 

 

大切な事なので、もう一度言っておきますが、デートに誘うのではありません。女性がOKしやすいノリを作ってあげること。これこそが、男性諸君の役目と言っても過言ではありません。

 

それが出来れば、あなたの思い通りに狙った女性と、楽しく、濃い時間を過ごすことすら可能になります。もちろん、狙っている女性を彼女にする際も、間違いなく威力を発揮します。

どうやったら、女性がOKしやすいノリが作れるのか?

 

  

羽森さん、理想的なデートの誘い方は分かりました。だけど、どうやったら女性がOKしやすいノリが作れますか?

それでは、いよいよステップ4の「LINEの温度が高いところでオファー」の解説をしていきます。

 

 

まず、3回目以降のLINEの入り方は、2回目で生まれた共通話題を使った、シンプルな質問系のLINEで入ってください。

 

◆3回目以降のLINEの入り方実例

男「イビキかくなよ」

女「流石にそれはない!笑」

 

3回目以降のLINEで、あなたが目指すゴールは「目的を伝えずに、誘うノリを生む」です。

 

  

目的を伝えないって、どうしてですか?

先ほども話したように、デートに対してがっつかず、流れで約束することで「女慣れしている」「がっついていない」「余裕さ」を与えるためですね。

LINEでわかる脈ありサインとは?

 

デートのオファーをする前に、私が必ずチェックする「脈ありサイン」を4つ紹介します。

 

  • 脈絡なくプライベートな質問を聞いてくる
  • メッセージの形が似てくる
  • 言い合える関係
  • 悩み

 

・脈絡なくプライベートな質問を聞いてくる

女性があなたに興味を持ってきた証だということです。女性がLINEでの会話を楽しんでくると、「あなたのことをもっと知りたい」という願望が湧いてくるために、質問してきます。

 

・メッセージの形が似てくる

段落こと区切るとか、文字量とかが似てくるのは好意サインと見てOKです。なぜなら、模倣願望という「あなたと同じ目線で会話したい。」という気持ちが芽生えてきた心理だからです。

 

  

同じ目線って?

私はこのブログで常々、「男性上位になってください」とお伝えしています。そういう接し方をしていると、女性の方がもっとあなたと同じ目線で語りたい願望が出てくるためです。これは、意識的ではなく、潜在的に感じています。

 

◆メッセージの形が似てくる実例

男「おれは35だよ」

女「まだ何も言ってない*」

「え〜全然見えない!28くらいかと!」

 

言い合える関係

言い合える関係とは何なのか? 最初に私の実例をシェアしますね。

 

◆言い合える関係のLINE実例

女「知らんわ笑、飲み屋で女の子と飲んでるの?」

男「アホか」

女「アホ」

男「そうかオレがアホか

  相変わらず暇そうやの」

女「ほっとけ(笑)」

既読スルー

女「ほっときすぎ!笑」

男「割と素直なんよ」

女「ねぇ遊ぼうよ」

 

上記のような会話になると、女性の交友関係の中でかなり貴重な存在になります。なぜなら、通常女性の周りの男はここまでのコミュニケーションを取れないからです。

 

99%の男性は媚びへつらってしまいます。いい女になればなるほど、優しくしてしまいがちです。そんな男性が増えて行くと、女性は退屈してしまいますよね。

 

・悩みサイン

 

◆悩みを共有するLINE参考事例

男「仕事どうよ」

女「実際は意外とつまらない」

男「友達いないもんなー笑」

女「いる*笑

  何となく、思ってたのと違うというか、

  上手く説明できない!**」

 

これは結局、「じゃあ聞くわ」って誘ってもらいたいがための流れなんですね。こちらが誘いやすいような会話を仕掛けてくるのは、好意サインの証拠です。

 

興味がない男性に、女性は隙を見せません。むしろ、隙を見せるのも面倒くさいと思ってますから。

女性からサインが出たら、次にあなたがすべき事とは?

 

女性から脈ありサインが出てきたら、オファーするための流れを作るだけです。流れを作って、オファーに乗せるイメージですね。この辺りは、参考までに私のLINE実例をシェアしますね。

 

◆デートオファーのLINE実例

男「つか腹減った」

女「お腹すきましたねー」

男「今何食べたい気分?」

女「うーんとね」
「お寿司かな」

男「コンビニ指定かー」

女「コンビニのではないw」

男「手巻き寿司ブームって知ってる?」

女「何それ?」

男「バカにされるからやっぱいいや」

女「バカにしたい!w」

男「失礼なやっちゃ」

女「お互い様だねw」

男「オレは肉だな」

女「お肉もいいね!」

男「イカン肉食べたくなった」

女「コンビニにGO」

男「やかましーわw」

「今度コンビニ行く?」

女「へ?w」

男「コンビニでお茶しようよ」

「ちゃんと予約して」

女「恥ずかしいw」

男「先に座ってて」

女「どこに?w」

男「なんかあんだろ」

「レジとか」

女「いややw」

男「なら普通のお茶」

女「普通のお茶ならいいよw」

男「変わってるなー」

女「どっちがよw」

 

  

なるほど! あとは、自分が流れを作れるかが、心配だな。

 

本命の女性だと、失敗するのが怖いと感じると思います。そこで、ここまで読んで頂いたあなたに、これまで出た私のLINE実例のような「女性との生々しいやりとり実録」を書き起こしたレポートを無料でプレゼントします。

 

それを見ながら、「この言い回し使えるな!」とか「僕もこのパターンが来たら、こう返そう」とか、辞典のように使ってみてください。

 

↑無料レポート内容チラ見せ

無料レポートは、以下から登録して受け取ってくださいね。

無料レポートを受け取るにはコチラから!

まとめ

 

さて、いかがでしたか?

 

好きな女性をLINEでデートに誘うには、「デートの誘い方」を意識しないのが一番成功確率を上げるのです。白黒ハッキリつける二択の誘い方では、相手にストレスを与えるだけですからね。

 

大切なのは、流れを作って「じゃ、行っとく?」のように『シンプルな一言』で誘うノリを作ること。あなたの欲望を叶えるためには、以下の4つの脈ありサインが出てるかをきちんとチェックしてくださいね。

 

  • 脈絡なくプライベートな質問を聞いてくる
  • メッセージの形が似てくる
  • 言い合える関係
  • 悩み

 

 

 

既読スルーからの逆転が

最も成功しやすい講座はコチラ!

↓ ↓ ↓