こんにちは、羽森です。

このページでは「モテる男のLINE術vol.03」として、「音信不通になってしまった女性と、関係を復活させてデートに誘う方法」について、解説していきます。

 

  

羽森さん、好きな女性にLINEを既読無視されてしまったのですが、ここからどうやって挽回すればいいでしょうか?

このページを読んでいるあなたにも、同じように既読スルーや未読無視されてしまった女性がいるんだと思います。好きな女性にLINEを無視されると、もう諦めなきゃいけないのかなという不安な気持ちになりますよね。

 

 

もう既にご存知かも知れませんが、

私も気に入った女性にLINEを送っては、何が理由か分からないまま、会話が切れてしまったりもしました。さらに、嫌われたのかと焦って、相手に追撃LINEを送った結果、ブロックされてしまったりして、自己嫌悪に陥っていました。

 

ですが、「男女関係のプロフェッショナルである師匠」からコミュニケーションを学んだ結果、音信不通から3ヶ月後に復活させることができました。さらに、その場で「相手から電話がきて、その場で食事デートに誘わせる」ほどに関係を進展させることができたのです。

 

参考までに、その実際のやりとりをシェアしますね。

↓ ↓ ↓

 

そこで今回は、あなたにマイナスから関係を復活させ、デートの約束を取り付ける方法の全貌を公開していきますね。ぜひ、このままスクロールしてくださいね。

 

LINEで既読無視から復活して、女性を振り向かせるための最重要事項とは?

 

  

羽森さん、LINEで既読無視された女性を振り向かせるのに、必要なことってなんですか?

大切なもの1つあげるとしたら、正しい女性との距離の詰め方ですね。

 

  

駆け引きとか口説きのテクニックじゃないんですか?

うーん、そもそも駆け引きを意識している時点で、相手の一挙手一投足を気にしている状態ですよね。それだと、どうしても女性のリアクションにビビってしまうので、心がグラついてしまうんです。

 

もちろん、テクニックも必要な時はありますが、女性を理解して、正しく距離を詰めていくことが最優先。

 

「女性理解=モテる・好きな女性を落とすための地盤・基礎」だから、どんなに立派な建物や家もゆるゆるの土台だったら、まっすぐに建たなかったり、崩れることもありますよね。それと同じですよ。

モテる男ほどLINEで女性との距離の詰め方が上手い

 

それに、大勢の男性は、女性との距離の詰め方を勘違いされています。

どういう事かと言うと、女性に対して気を使いすぎたり、気に入られようとしているのです。その結果、LINEを送る内容を考え過ぎてしまっているんです。

 

例えば、普段言わないような言葉を使うことで、途端に「LINEがポエム化」してしまったりですね。

 

不自然に距離を詰めようとすると、無理にテンションを上げて「空回り感」が出ています。

 

 

それによって、女性との間に「温度差」が出ているのです。合コンでも、開始5分でいきなり一発ギャグとか放り込まれたら、場の空気が凍りつきますよね。

 

 

そして、凄く重要なことを言いますが、女性は「あなたがLINEを送ってきた意図を、100%理解している」と思った方がいいです。

 

  

え、バレバレなんですか!?

バレバレです(笑)例えば、女性は「同じ職場や学校で、二日続けて男性が女性に話しかけるのを目撃したら、その女性に気がある」とバレるくらい勘が鋭い生き物ですからね。

 

それを承知で、あなたとのコミュニケーションは楽しいか? 自分と合うか? を、やりとりの中で確認しているのです。

女性は、100人くらいの男とLINEしていると思った方がいい件

 

また、女性は常に10〜100人くらいの他の男性とLINEをしていると思った方がいいです。特に、今あなたが狙っている女性が、万人にモテるようなタイプの女性であるほど顕著です。

 

モテる女性は職場や周りの男性から本当にいろんなアプローチを受けています。繁華街を歩けば、ナンパしてくる男性もいます。

 

そこまでの美貌を持った女性じゃなくとも、今の時代マッチングアプリやらで、常にたくさんの男性とやりとりをしていますよね。

 

だからこそ、あなたが「女性のLINEトークの中で、もっとも面白いトーク」になれば、どれだけライバルが多くても余裕でごぼう抜きできるからです。

 

  

100人ですか…そんなにトークに自信ありませんよ…。

大丈夫です。その他大勢の男性は、このブログに書いてあるLINEの価値観が身についていないので、あなたが身につけさえすれば簡単に勝てますから。

大前提、モテる男のLINEは「釣りのイメージ」

 

そもそも、好きな女性とのLINEで気を使ったり、まどろっこしくなってしまう根本的な原因は「自信の無さ」だと思います。つまり、「今の自分のままでは受け入れてもらえないのでは?」と考えてしまったり、「既読スルーされたら終わり」だと思っているのかもしれません。

 

 

【モテる男のLINEvol.2】女性から返信がない場合の7、7、10の法則とは?」でも解説しましたが、既読スルーされても関係がないんです。

 

むしろ私は、いい意味で雑であればあるほど、女性にモテると思っています。雑と言うといい加減に聞こえてしまいそうですが、そうではないですよ。

 

言い換えれば、「女性との状況によって、最適なトーンに注入する」という事です。

 

  

「最適なトーンを注入する」ってどういう意味ですか?

例えば、釣りのイメージですね。冒頭からテンションMAXで行くと、相手に引かれてしまうわけです。魚が引っかかったからと行って、全力でリールを巻いてしまえば、プツンっと糸が切れたり、魚に逃げられてしまいますよね。

 

LINEや普段の会話も同じで、少しの冗談を交えたり、女性からのメッセージに対して、少しだけオーバー気味の相槌をして、どれだけ相手の感情が上下しているかを見ていくことが大切です。

 

まだ少しわかりにくいと思いますので、参考までに私のLINE実例を紹介しますね。

◆最適なトーンを注入するLINE会話

男「あの後、盛り上がった?」

女「はい、いい誕生日パーティになりました」

男「いいね!」

「何あげたの?」

女「お風呂セットみたいなのw」

「ありがちだけど」

男「シャワーとか?」

「セレブっすなー」

女「違いますよw」

「お風呂に入るときに使うやつ!」

男「シュワワーってやつな」

女「シュワワーはしないけどwそういうやつ」

 

私が女性とLINEするときの心構えとして、「年の離れた妹を扱う」イメージでLINEしています。そうすることで、相手に気に入られようとせずに、「他愛のやりとりなんだ」と意識できるようになりますので、ぜひ試してみてください。

どうやって、モテる男は既読無視からLINEで振り向かせるの?

  

じゃあ、どうやってLINEで女性との距離を詰めていけばいいんですか?

それでは、ここからはモテる男がどうやって疎遠になってしまった女性との関係を復活して、デート確定まで取り付けるのかを、具体的にステップバイステップで解説していきますね。

 

結論から言うと、以下の4ステップになります。

 

  • ステップ1:相手から返信を得る
  • ステップ2:いつでもLINEできる関係の構築
  • ステップ3:相手がLINEを楽しんでいるかの確認
  • ステップ4:LINEの温度が高いところでオファー

ステップ1:相手から返信を得る

 

前回「【モテる男のLINEvol.2】女性から返信がない場合の7、7、10の法則とは?」で解説した、「1週間以上放置して、ライトな質問LINEで再トライ」以外の方法をお話しますね。

 

それは、「相手のプロフィール画像」を使うパターンです。相手のプロフィール画像(アイコン)に対して、ツッコミ風のコメントを入れる方法ですね。例えば、女性のLINEのアイコンは大体以下のパターンに別れます。

 

  • キャラクターなど何かの画像の場合
  • 背景画像
  • 服など、触れやすい題材がある
  • 女性のツーショット

 

上記のようなアイコンの女性に対し、次のようなメッセージを送ります。

 

  • キャラクターなど何かの画像の場合 → 「ピーポー君」「シュールだな笑」
  • 背景画像 → 「それ◯◯?」
  • 服など、触れやすい題材がある → 「パーカーどこの?」
  • 女性のツーショット → 「姉妹?」

 

ただし、ホーム画面に触れるのはやめた方がいいです。なぜなら、わざわざ覗いている感を与えますので、気持ち悪がられてしまいます。

 

  

女性から返信がもらえたとして、どうやって会話を広げていけばいいですか?

 

そしたら参考までに、退屈な会話事例と会話が広がる事例をシェアしますね。

◆NGな例

女「昨日、◯◯行ってきた」

男「そうなんだ、俺も行くよ、美味しいよね」

既読スルー

 

◆OKな例

女「昨日、◯◯行ってきた」

男「お、◯◯食った?」or「◯◯行くんだ、意外」

  

あ、なるほど。確かにOK例の方が「会話が広がってる」イメージがありますね。

そうですね。ここで重要なのですが、会話が広げられない人の特徴として、◯◯をテーマに広げようとしてしまいがちです。

 

  

え、違うんですか?

それだと、多くの人が◯◯についての知識がないと壁にぶつかってしまうんすよね。でも、実際はそんなのどうでもいいんです。会話が広げられる男性は、◯◯ではなくて、◯◯に行く女性のキャラクターなどをテーマにするんですよ。

 

  

あくまで、女性自身にスポットを当てる感じなんだ

そうそう。相手にスポットを当ててるから、適切な言葉が浮かぶんです。たとえば、「びっくりドンキ行ったの? 意外」とかね。「絶対、行かなさそうじゃん笑」みたいな感じでもいいです。

ステップ2:いつでもLINEできる関係を構築する

 

この「いつでもLINEできる関係を構築する」が、最初のやりとりにおけるゴールになります。

 

つまり、あなたがLINEを送れば、相手からいつでも返ってくる状態を作ることだけに集中して、既読スルーで終わらせてください。

 

  

具体的にどうすれば、「いつでもLINEが返ってくる関係」が作れますか?

距離の詰め方に関しては、次のルールを参考にしてください。

 

 

1つの質問 → 2往復のキャッチボール → 別の話題

 

 

決して、このルールが絶対に正解というものではありません。基本の型として使ってもらって、状況によっては、2回質問が続く場合もありますし、3往復キャッチボールが続くこともあります。

 

あくまで、臨機応変に対応するようにしてくださいね。

 

◆距離を詰める参考事例

男「学生だっけ?」

女「そうですよ!」

男「マジかー」

 かなり落ち着いてるよね」

女「本当ですか?

    「あまり言われないです笑」

男「見た目じゃなくって、

 「妙に落ち着いてる笑」

「緊張してたんですよ、きっと!笑」A

男「ほんとかよ笑」

 「弟いる?」

 

注意点は、Aの返信が次の話題に展開することです。このままダラダラ伸ばすと、「くどい」と思われてしまい、既読スルーされてしまう可能性が高まります。

 

参考までに、多くの男性がやりがちな失敗事例もシェアしておきますね。

 

◆LINEの失敗事例

男「まじまじ」

「相当怒ってたよ、ビビった」

女「ウソだ*そこまで怒ってないですよぉ」

男「ホントに? じゃ、キレたら本当にヤバいね」

「そんなキレないから*わたしは優しい子です」A

「へえー優しいんだ、笑」B

 

Aという返信が来たからと言って、Bという返信は不要だということです。なぜなら、1つの話題を引っ張りすぎているからですね。

 

むしろ、女性の方が付き合ってくれている、という感覚を持って、リアルの会話よりも話題をどんどん展開していかないと、飽きが生まれていまします。

 

もし、私であればBという返信を「そかそか」「ん?今日は仕事だっけ?」のように話題を変えていきますね。

ステップ3:相手がLINEを楽しんでいるかの確認

 

このステップからは、2回目のLINEのアプローチになります。

2回目のLINEであなたが目指すことは「前回のテンションにすぐ戻せるかの確認」です。前回のテンションとは、返信時間のことではなく、相手が会話を楽しんでいるかどうかですね。女性がLINEを楽しんでいるかを確認する「チェックリスト」として、以下の4つで判断するといいですよ。

 

  • あなたの冗談に乗っかってくるか?
  • あなたとの会話に積極的か?
  • あなたをイジリ返してくるか?
  • トーク量は増えてきているか?

 

 

合コンで盛り上がった二人が、後日再開した時に、盛り上がった時と同じテンションに戻せるかどうか? というイメージですね。もし、相手が前回のテンションに戻らなければ、初回の目標である「いつでもLINEできる関係を構築する」ができていないかもしれません。

 

その場合は、ステップ1のLINE実例を参考に、やりとりを行ってみてください。

 

  

羽森さん、2回目の最初のメッセージは何て送ればいいですか?

初回で生まれた、彼女との共通話題をシンプルな一言で表した言葉で送ってください。その方がより「会話っぽく」あり「話しかけ」に近いためです。

 

◆2回目LINEの参考事例

男「仕事中?」

女「仕事中」

男「寝るなよ笑」

女「寝てた笑」←初回のテンションにすぐ戻せるか?を確認

男「園児か笑」

自分話を入れていく

 

会話のスポットは基本的に女性に当てていくべきですが、あからさまに自分のことは話さないのも良くありません。2回目以降は、程よく「自分話」も入れていくようにしてください。

 

なぜなら、既読スルーをしたり、シンプルなLINEを送る淡白な印象のあなたに対して、女性は「そっけないけど、気さく」「Sっぽいけど、気さく」などの理想的なバランスを感じるからです。

 

◆自分話の参考実例

男「テレビで就活の特集みたよ」

女「観てないです!どんなでした?」

男「就活生3人に密着して」

男「就活の中で徐々に社会人になる自覚が芽生えていく的な」

男「ドキュメント形式だった」

女「えー見たかったです笑」

男「人それぞれなんだなーって思った」

女「私、自分が焦ってなくて不安になります」

質問サインは増えてきているか

 

  

「質問サイン」ってなんですか?

質問サインは後で詳しく解説しますが、女性があなたに興味を持ってきた証だということです。女性がLINEでの会話を楽しんでくると、「あなたのことをもっと知りたい」という願望が湧いてくるために、質問してきます。

 

次のステップ4で、スムーズにデートに誘うために女性から「質問サイン」が来ているかをチェックしておくといいですね。

 

◆質問サイン参考事例

男「(関係ない話)」

女「てか、いくつなの?」

 

ちなみに、会話の流れで出た「質問」は「質問サイン」ではありません。例えば、家族の話をしている中で「兄弟いるの?」と聞かれるのはサインではないという事です。

相手が前のめりになってきても、がっつかず、焦らす

 

相手が楽しんでいるのも確認できた、女性から質問サインも出てきた。その状態でLINEのキャッチボールを重ねることができたら、次回、オファーするために一旦遮断してください。なぜなら、がっつき過ぎずに焦らすことで、相手が追ってくるからです。

 

◆がっつかずに、遮断する実例

女「明日、朝早いんだよね」

男「おけおけ」

 

ここで、男性側が「あ、そうなんだ。ごめんね、忙しい時に」という返信は不要です。女々しい印象を与えウザいと思われてしまうためですね。

 

  

でも、焦らされるのが嫌な女性もいるんじゃないですか?

もちろん、焦らさなくてもデートに誘えるかもしれませんが、最終的に告白だったり、ホテルへ誘う際の成功率が下がってしまいます。

 

というのも、焦らし作業を入れることで、「あなた優位」で女性と関係を作ることができるからです。男性上位になれば、あなたのオファーは通りやすくなります。平たく言えば、上司と部下のような関係ですね

 

 

また、男性優位になることで、女性があなたに対して「失いたくない」という感情が芽生えてきます。「ここで断ったら、次はないかもしれない」と思わせることもできます。

 

ただ、大前提として繰り返しお伝えしますが、普段から女性との会話で楽しませていたり、「あなたの時間は最高だ」と思わせていなければ、焦らしたところで「ただの勘違い野郎」になるので気をつけてくださいね。

 

 

さて、

ここまで、情報が多くなってしまったので、ステップ4以降は次回の記事で解説していきます。

まとめ

 

最後に、LINEを無視された状態から関係を復活させデートに誘うまでの方法について、まとめていきます。

 

疎遠になった女性との関係を復活させ、デートに誘うために大切なものは、「女性との距離の詰め方」。駆け引きを意識すると、相手のリアクションにビビってしまい、テクニックも活かせない。「女性理解=モテる・好きな女性を落とすための地盤・基礎」なので、土台がグラついていたら、テクニックも使えない。

 

■モテる男ほど、女性との距離の詰め方が上手い

女性は常に10〜100人近くの男性とやりとりをしているが、ほとんどの男性は正しいLINEの価値観が身についていないので、「距離の詰め方が上手い男」が一人勝ちしてしまう。

 

ポイントは、「女性との状況によって、最適なトーンに注入する」こと。釣りのイメージで、冗談を言ってみたり、女性のトークに対してオーバー気味なリアクションで、感情が上下しているのを観察する。

 

■女性と距離を詰めるための、基本的なLINEのルール

 

1質問 → 2キャッチボール → 別の話題

 

 

■疎遠の女性との関係を復活させ、相手との距離を詰め、デートに誘う方法とは?

  • ステップ1:相手から返信を得る
  • ステップ2:いつでもLINEできる関係の構築
  • ステップ3:相手がLINEを楽しんでいるかの確認
  • ステップ4:LINEの温度が高いところでオファー

 

 

既読スルーからの逆転が

最も成功しやすい講座はコチラ!

↓ ↓ ↓