こんにちは、羽森です。

このページでは「付き合う前の女性とLINEの頻度が減った理由や対処法」について解説します。

今、あなたがこのページを読んでいるという事は

 

  

付き合ってない女性とのLINEが盛り上がらず、だんだん連絡が減るのですが…これって嫌われてしまったのでしょうか?

こういった悩みを持っているのだと思います。

たしかに好きな女性とLINEしていたのに、頻度が減るとモヤモヤしてしまいますよね。

 

実際に、女性とLINEの頻度が減っただけで「嫌われた」というのは少し早合点かもしれません。追撃LINEや告白など、がっつき過ぎて引かれたなどの理由がなければ、別の理由があると思います。

 

と言うことで、累計3,000人以上の女性と肉体関係を築くコミュニケーションの達人を師に仰いだ私が、女性とのLINEの頻度について徹底的に解説していきます。

 

さらに、好きな女性を落とす上でLINEの頻度を意識し過ぎること嫌われてしまうリスクもあるので、ぜひこのままスクロールしてくださいね。

 

付き合う前の女性はLINEの連絡頻度よりも「リズム」を重視している

 

  

付き合う前にLINEの連絡頻度を増やすと、振り向いてもらえなくなるってどういう意味ですか?

なぜなら、女性にとって連絡頻度とはそこまで大切ではないから。

実を言うとLINEの頻度よりも、女の子と「リズム」や「テンポ」が合わせる方が100倍重要です。

 

  

リズム?やテンポ?

LINEのキャッチボールでリズムやテンポを合わせることで、女性に「この人とは感覚は合うな」と思わせることができます。

 

仮に、連絡頻度が1日10通だとしても、退屈なやりとりや内容であれば、「コイツ面倒くさいな」「もし付き合っても、楽しくないだろうな」といったネガティブな印象を与えてしまいます。

 

例えば、天気の話や時事ネタを重ねるだけでは連絡の頻度を増やしているだけで、実際は全然仲良くなっていないですよね。

 

そうではなく相手と感覚を合わせることで、当然ながらフィーリングも合うため女性の方からより会話を深めようとしてきます。

会話を深めるとは、「あなたとより本音で語りたい」という意味です。

 

すると相手からLINEを続けようとしてくるので、LINEの頻度なんか意識しなくても、むしろ自然と続いてしまう。

それが狙った女性を落とせる男の本質なのです。

 

付き合う前の女性からLINEの頻度が減る理由は嫌われたから?

 

  

何でLINEの頻度が減ったんだろう。特に嫌われるようなこともしてないのにな…

冒頭でも少し触れましたが、あなたが返信を催促するような追撃LINE、過度な好意アピール、告白をしてドン引きされた、などの経験が思い当たらないのであれば、嫌われている訳ではないと思います。

嫌われてさえいなければ、いくらでもリカバリーすることが可能なので安心してください。

 

とはいえ、今のまま再アプローチしても同じことの繰り返しになってしまうでしょう。

だからこそ本記事では、「毎日のようにLINEしていた女性とのLINEの頻度が減ったケース」を取り上げているので、ぜひ自分と彼女の状況に照らし合わせて読み進めてください。

 

結論から言うと、付き合う前の好きな女性からLINEの連絡頻度が減る理由は以下のパターン。

 

  • 話題が尽きて返信することがない
  • 何となく、大した理由はない
  • 他に好きな男性とLINEしている

 

この3つです。

それでは1つずつ解説してきますね。

話題が尽きて返信することがない

 

一番多いのが、あなたとのLINEが退屈になり返信をしなくなったということ。

そのときは女性も楽しんでいたように振る舞いますが、本音はそうでもなく、それに男性が全く気づいていなことが多々あります。

 

そもそも飽きられてしまう原因は、多くの男性が一つの話題を引っ張り過ぎているからです。

過去のやりとりを振り返ってみて、一つの話題をだらだらと引っ張っていたり続けているのであれば、女性に飽きられたのだと思います。

 

  

どうやったら女の子に飽きられずに盛り上げることができますか?

女性との正しいLINEの送り方については、後述していきますので楽しみにしてくださいね。

何となく、大した理由はない

 

女性には、生理周期と同じように「心理周期」があるのでコロコロと心情が変わるのは珍しいことではありません。つまり、「誰かと話したい」という気分もあれば、「何となく面倒くさい」と思われることもあります。

 

  

何となくだなんて、そんな…

気持ちはよーくわかりますが、女性はこの「何となく」の判断で意思決定することが多く、そこに明確な理由などなどありません。

ただただ、何となくなのです。

 

「何となく、好き」

「何となく、嫌い」

「何となく、いいと思った」

 

といった不確かな「何となく」という感覚に、彼女たちの理由として完結していると思って下さい。

 

とはいえ、「何となく無視される」といったコミュニケーションを続けていると、やはり最終的に飽きられてしまいますので注意が必要ですね。

他に好きな男性とLINEしている

 

女性は常に5〜10人以上の男性とやりとりしていると思った方がいいです。とくに、万人にチヤホヤされるタイプの女性ほどその傾向があります。

 

なので、あまり興味がない男性からのLINEは、どうしてもその他大勢のメッセージに埋もれてしまいます。

例えば、逆にあなた好みの女性10人から連絡が来ている状態だとします。そこに大して何とも思ってない子から連絡が来ても後回しにしてしまいますよね。

 

 

とはいえ、後回しにされていようと正しい方法でアプローチをすれば振り向かせることは可能です。

だからこそ、本質的な答えではない『LINEの連絡頻度が毎日=正解』といった考えを持っていると、自滅してしまう可能性があることを忘れないでくださいね。

 

付き合う前のLINEの頻度からわかる女性の脈ありサインとは?

 

付き合う前のLINEの頻度が急に減ったとしても、場合によっては脈ありサインもあります。

そのサインとは、女の子自身ががっついている印象を抑えるために連絡を減らす心理で、いわゆる駆け引きってやつですね。

 

LINEの文字量や返信内容から来る印象は、さほど変わらなく頻度だけが減ったのであれば、女性があえて抑えていると思っていかもしれません。

男性から質問系のメッセージを送ったタイミングで未読スルーや既読無視をしてきたりします。

 

そのときに連絡がもっと欲しいからと言って「いつも通りに送ってよ。」など連絡を促すと、「女々しい」と思われてしまうので逆効果です。

なので、付き合ってない女子から頻度が減ったことは気にせず、相手のペースに合わせることをオススメします。

付き合ってない女性とだんだん連絡が減る場合の対処法

 

それでは、付き合ってない女性からとだんだん連絡が減る場合の対処法について解説していきますね。

結論から言うと、以下の2つのアプローチを実行してください。

 

  • 最低限、好きな人とのLINEの頻度は合わせる
  • 付き合う前の女性とLINEの連絡頻度を増やすのは逆効果!リズムを合わせるべし

最低限、好きな人とのLINEの頻度は合わせる

 

まずは、好きな女性とのLINEの頻度は合わせてください。

なぜなら、その子に「この人は感覚が合うな」と思ってもらうためです。

 

一番良くないのは、例えば相手から4時間後に返ってきたLINEを5分後に返信したりする事です。

これだと、相手は返信の義務感を感じストレスを与えてしまい、いずれ既読スルーや未読無視される可能性が高くなります。

 

短すぎてもウザがられるし、長すぎても会話が切れしまうので、ベストな頻度は「相手が返信にかかった時間の半分の時間」を目安に送るようにしてください。

例えば、4時間かかったのなら、2時間後に返信。

30分後に返って来たのら、15分後でも大丈夫です。

 

相手から4時間後に返信 → 約2時間後に返信

相手から24時間後に返信 → 約12時間後に返信

相手から15分後に返信 → 5分とかで返信してもOK

 

そうすることで、女性も「この人は私が返さなかったら、相手も返してこなかった」といった意外性や余裕さを感じるので、次回のやりとりの価値が上がります。

付き合う前の女性とLINEの連絡頻度を増やすのは逆効果!リズムを合わせるべし

 

  

LINEのリズムって難しいイメージがあるんですけど、どうしたらいいですか?

基本的に私が女性と送るときは、以下のルールを意識しています。

 

 

1質問 → 2キャッチボール → 次の話題

 

 

基本的にLINEでは、リアルの会話よりも早い展開が求められています。なぜなら、より会話っぽい方がコミュニケーションが楽だからです。

 

例えば、飲み会など仲のいい友達と会話が盛り上がっているとき、丁寧で長々とした言葉で話しているでしょうか?

おそらくですが、「はいはい笑」「出たよ笑」などの短い言葉の応酬になっていると思います。

 

それはLINEも同じで、メールや手紙などのきっちりとした文章を送るのは、女性を気遣っているようで実はウザがられてしまう行為なのです。

 

また、会話が退屈な男性に多いのですが、一つの話題を引っ張りすぎてしまう事例を紹介します。

 

◆リズムのない会話が広がらないLINE

男「まじまじ」

「相当怒ってたよ、ビビった」

女「ウソだ*そこまで怒ってないですよぉ」

男「ホントに?じゃ、キレたら本当にヤバいね」

「そんなキレないから*わたしは優しい子です」A

「へえー優しいんだ、笑」B

 

このとき、Aという返信が来たからといってBという返信は不要だということです。

 

むしろ、女性の方が付き合ってくれているという感覚を持って、リアルの会話よりも話題をどんどん展開していかないと飽きが生まれていまします。

一方で、リズムやテンポのある理想的なLINE実例もシェアします。

 

◆リズムのあるLINE実例

男「学生だっけ?」

女「そうですよ!」

男「マジかー」

 かなり落ち着いてるよね」

女「本当ですか?

    「あまり言われないです笑」

男「見た目じゃなくって、

 「妙に落ち着いてる笑」

「緊張してたんですよ、きっと!笑」A

男「ほんとかよ笑」

 「弟いる?」

 

ポイントは、Aの返信が次の話題に展開することです。このままダラダラ伸ばすと「くどい」と思われてしまい、既読スルーされてしまう可能性が高まります。

まとめ

 

さて、ここまでの内容をまとめていきますね。

付き合う前の好きな女性とのLINEで、連絡頻度が減った場合は以下の理由が考えられます。

 

  • 相手ががっつき過ぎたので抑えている
  • 話題が尽きて退屈した
  • 何となく、大した理由はない
  • 他に好きな男性とLINEしている

 

しかし、女性とのLINEの連絡頻度を意識すると、ただやりとりの量を重ねるだけなので、それでは深い会話だったり、どっと盛り上がるような流れは作れません。むやみやたらと頻度を増やしても、「面倒くさい人」と思われたり、あなたとのやりとりの価値が下がってしまいます。

 

大事なのは、LINEの連絡頻度ではなく、「リズムやテンポ」。例えば、少ない頻度でも彼女にとって「心地よいリズム」で返信することを意識するだけで、相手に「この人とは感覚が合うな」と思わせることができます。

 

その結果、相手がよりコミュニケーションを深めようとしてくるので、自然と会話が続くのです。

 

なので、今までリズムについて全く考えてこなかったのであれば、以下の返信のタイミングを意識して送ってみてください。必ず彼女のリアクションが変わってくるはずです。

 

相手から4時間後に返信 → 約2時間後に返信

相手から24時間後に返信 → 約12時間後に返信

相手から15分後に返信 → 5分とかで返信してもOK

 

 

既読スルーからの逆転が

最も成功しやすい講座はコチラ!

↓ ↓ ↓