「好きな人とLINEでやり取りをしていたら、既読無視されてしまった!もう、この恋は諦めるしかないのだろうか。」

 

自分好みの女とLINEをしている中で、女の子の既読無視に悩まされている人は、意外と多いのではないでしょうか。

 

LINEは便利になった一方、顔が見えないコミュニケーションなので、99%の男性がLINEで失敗してしまっているんですね。

 

だが、結論から言って、その女性をモノにするのを諦める必要は、これっぽっちもない。

 

なぜなら、女性が男性のLINEを無視するのに、そこまで深刻な理由は、決してないから。はっきり言って、こちらのアプローチ次第で、いくらでも逆転で惚れさせることはできるのです。

 

ということで、今回の記事は、好きな女性からLINEを既読スルーされてしまっても、諦める必要がない理由と、どのようにアプローチしていけばいいかを、じっくりお話ししていきます。

 

かなり参考になるはずなので、少しでも狙った女性を落とせる、そんな本物の男になりましょう。

 

好きな女性に既読無視されても諦める必要はないって話。

 

冒頭でも述べましたが、好きな人が男性のLINEを既読無視するのに、大それた理由はありません。だから、諦める必要がないのです。

 

男性が考えているよりも、既読スルーされてしまっている原因とは、そこまで深刻ではなく、99%「何となく無視している」レベルだということをご存知でしょうか。

 

  • 何となく、気がのらない
  • 面倒くさい
  • 何て返信しようかなと考えているうちに、時間が過ぎてしまい、そのまま
  • 生理中でイライラ
  • 嫌なことがあって、それどころじゃない

 

そう、ほとんどの理由が、この程度なんです。

 

とはいえ、こちらに対して、完全に「脈なし」であることは事実。だからこそ、既読スルーされたことに対して、ソワソワしたり焦ったりするのは、無意味なんですね。

 

しかしながら、逆に言えば、こちらとのフィーリングがちょっとでも合うなと感じさせることができれば、女の子から返事はケロっと返ってきますし、いくらでもキャッチボールが続くというもの。

 

「何となく、めんどくさいな〜」だった女性の離れた気持ちを、「何となく、いいかも・・・。」や「何となく、連絡してみようかな・・・。」という気持ちにさせればいいだけの話。

 

そうなれば、こちらに対して駆け引きすら行ってきません。

 

そのためにも、まずしっかりと頭の中に刻みこんでもらいたいのは、「女性からのLINEの既読無視は、そんなに深刻なモノではない。」ということ。

 

 

ところで、あなたに質問です。

 

好きな女性とLINEをしていたのに既読スルーや未読無視で音信不通になって「やっぱりダメなのかなぁ」と諦めかけていませんか?

 

「女性とのLINEは難しい。」「好きな女性とのLINEに限って上手くいかない。」そう感じたりしていませんか?

 

はっきり言いますが、そんなことは200%ありません。

 

「またLINE?無視、無視。」と思われていたとしても「私から、連絡してみようかな。」と思わせれば驚くほどポンポンLINEは続く。

 

女性からの反応が驚くほど変わるLINEの返信方法は以下の記事で詳しくお話ししていますので、じっくり読んでみて下さい。

 

 【※期間限定】たった3言で驚くほど女性の反応が好転する前代未聞のLINE逆転術を無料で公開!

既読スルーからの逆転!好きな女性を脈ありにまで持っていくアプローチとは?

 

では、いよいよ好きな人から既読無視されたときに、諦めることなく、正しく逆転のアプローチができるやり方についてお話ししていきます。

 

ちなみに、逆転のアプローチをしていく上での、女性感情の動きとは、以下の通り。

 

「何となく既読スルー」 → 「何となく、いいかも」

 → 「この人、魅力的かも」 → 「早くLINEこないかな」

 → 「私からしちゃおう」 → 「リアルで会ってみたい!」

 

また、既読無視されている現時点では、女性から「脈なし」認定されているということはお伝えしましたね。だからこそ、このアプローチでとても大切なのは、最初の最初。

 

つまり、既読スルーされた状態からの復活です。

 

そこで、好きな女性から既読無視されている状態で、男性が取るべき対処法として、こちらをおすすめします。

 

冷却期間をおいて、余計な事をしない

 

ちょっとだけ、相手の女の子の立場になって考えてみてほしい。

 

・・・まだ、あまりどういう人なのかも解らず、これといって興味もない男性から、あなたにLINEを送ってきたとします。

 

しかし、こちらはまだ返信していないのに、続けざまに、その相手から新しいLINEが送られてきたら、どう感じるでしょうか。

 

おそらくですが、以下のようなネガティブな印象を抱くはず。

 

  • 「なにこれ、返事の催促?しつこいなー。」
  • 「ひょっとして、ストーカー気質のある人かな?付き合ったらめんどくさそう。」
  • 「ずいぶん自分勝手なのね。」
  • 「返信がないくらいで、焦りすぎでしょう。」
  • 「がっつき感が丸出しで、余裕のない男性だわね。」

 

これは、特に魅力的な女性であればあるほど、比べる対象となる男性が多いので、冷却期間を置かずの追撃LINEは、大きなマイナスとなります。

 

その結果、ただの脈なしから、「絶対にNG、受け付けない」という烙印を押されてしまうのがオチ。ですので、既読スルーされたのであれば、「余計な事をせず、冷却期間を置くこと」がベストなのです。

 

7日、7日、10日後に再LINEを送ろう

 

冷却期間を置くといっても、ただ、何もしないままでは進展がありません。なので、最低でも1週間の冷却期間を置いたら、仕切り直しをしていきます。

 

もし、7日放置している間に返事が返ってくるようであれば、その流れにそってやりとりをすればOK。

 

7日を過ぎても返事がなければ、その日からメッセージを送ります。まず、内容なのですが、相手から返信がなかったことには一切触れなくていいです。

 

かつ、相手女性がひと言で、返事ができるライトなメッセージが理想的。おすすめなのは「生きてる?」とか。

 

このシンプルなLINEに返事がなければ、また1週間空けて、今度は「もしや、死んだ?」と送ってみる。さらにそれにも返信がなければ、10日空けて、「元気?」など。

 

そうすることで、99%女性から返信がきます。

 

なぜなら、「女の子に対して、がっついていない」「余裕がある」「その他大勢の男と違い、マイペース」といった印象を持たれ、他の男と差別化が可能。

 

冒頭でも触れましたが、ほとんどの男性は、女性から返信がないと不安になり、焦って答えを急ぎ、さらにメッセージを送ってしまいます。

 

女とは、「他とは違う、あまりいないタイプの男」が大好きなのです。

 

もちろん、今回の記事では、7、7、10日のペースでご紹介しましたが、これは必ずしも全てのパターンに当てはまるわけではありません。

 

あくまで、「脈なし」の状態から関係を復活させるための基準であり、中には、1週間では冷却期間としては足りないという男性もいるはず。

 

たとえば、既読スルーされる原因が、それこそ追撃LINEを送りすぎてしまったりとか、好意をアピールしまくっていたり、ましてや愛の告白なんてしてようものなら最悪。

 

そういった、重めのミスをやらかしている場合は、「脈なし」ではありますが、もっとマイナスに振れている恐れもあるので、女性の記憶から忘れるくらい期間を空けること。

 

3週間、1ヶ月、3ヶ月・・・、それくらいは当たり前に思っていないと、結局また同じ失敗を繰り返し、それこそ取り返しのつかない関係になりかねない。

 

本当に好みの女性との連絡を放置するのは、辛いかもしれませんが、本気でモノにしたいのであれば、自分のやらかした事は自分で責任を負わなければなりません。

 

その繰り返しで、人は強くなるのです。

 

・参考:【LINE未読無視】女の突然未読スルーは脈なしの証!対処法は?

 

まとめ

 

好きな女性に、LINEを既読無視されても、諦める必要はない。なぜなら、女性が既読スルーする心理とは、男が思っているほど、深刻ではないから。ただただ、何となくレベル。

 

だからこそ、正しいアプローチをすれば、いくらでも逆転が可能。

 

そのためには、焦って催促のメッセージを送るのではなく、冷却期間を設けること。その期間はもどかしいものがあるかもしれませんが、脈なしである事実をしっかり受け止める時間に当てましょう。

 

1週間が過ぎても返事がなければ、そこからがスタート。ライトな内容で返しやすい疑問系を送るのがセオリー。

 

意中のあの子から返事がなかったら、ぜひ、試してみてください。

 

・参考:LINEで好きな人との会話が続かない!女性の話を広げられない時の3のコツ!

 

↓未読無視・既読スルーからの逆転が最も成功しやすい

LINE無料講座はコチラ