どうも、羽森です。

このページでは、好きな相手からLINEが来ないケースは脈なしなのか? について解説していきます。

今、あなたがこのページを読んでいるということは

 

  

羽森さん、気になる女性とせっかくLINEを交換したのですが、いつもLINEを送るのは自分からで、相手からLINEが来ないんです。これって脈なしなんですかね?

というような、女性とのLINEに悩みや不安を感じているのだと思います。好きな女性からLINEが来ないと、自分に興味がないのではと色々と考えてしまいますよね。

 

でも、凄く重要なことなのですが、相手から返信があるかないかを気にしていると、その女性を振り向かせる可能性が低くなってしまうので注意が必要だと考えています。

 

  

え!どういうことですか?

気になりますよね。

そんなあなたに、累計3,000人以上の魅力的な女性と肉体関係を築いてきたコミュニケーションの達人を師に仰いでいる私が、LINEを送らない女性心理について、あなたに価値のある情報はお話していきます。ぜひこのままスクロールしてくださいね。

 

好きな相手からLINEをしてこない場合は脈なしなのか?

 

なぜ、相手からLINEが来ないかどうかを気にしていると、女性を振り向かせる可能性が低くなるのか? について解説していくにあたって、そもそも、相手からLINEが来ないかどうかで脈なしか脈ありかを判断するのは難しいです。

 

なぜなら、脈ありかどうかはLINEの内容、頻度など、あらゆる要素から判断するものだからです。相手からLINEが来るからといって、それは相手からすれば必要があってLINEをしただけかもしれません。ただ、何となく構って欲しくてLINEをしただけかもしれませんよね。

 

とは言っても、相手からLINEが来ない場合のほとんどが脈なしであると思った方がいいです。

 

 

そもそも、このブログでいう「脈なし」の定義とは、嫌われているor異性としてまだ興味がない状態とさせてください。男女関係は好きか嫌いかだけの二択ではありませんよね。

 

つまり、脈なしって範囲がとても広いんです。確率的にも脈なしである可能性が高くなるのはそのためです。ですが、女性は脈ありの男性(価値が高いと感じている男性)に対しては、コミュニケーションをより深めようとしてくるものなので、自然と相手からLINEを送ってくるようになります。

 

少なくとも、あなたが1、2週間ほどその女性にLINEを送らないとします。その間に、相手から何かしらLINEがなければ「脈なし」と考えた方がいいということですね。

 

 

  

やっぱり脈なしの可能性が高いんですね。

でも、ショックを受ける必要はありませんよ。先ほど脈なしの定義で説明したように、「興味がまだない状態」も脈なしに含まれるのです。つまり、あなたのアプローチ次第では、いくらでも脈ありに逆転することはできるんですね。

 

相手からLINEが来ないかどうかを気にしているとテクニックも活かせない

 

相手からLINEが来ない理由が、「脈なしだから」だとしても、脈ありに変えることは全く問題なくできます。

 

ですが、冒頭でも触れたように、あなたが相手からのLINEが来ないかどうかを気にしていると、逆転できるものもできなくなってしまうのです。

 

 

冷静に考えてもみてください。彼女からLINEがあるかどうかを気にしている姿をイメージしてください。常に気になっているのは、相手に依存しているのと同じなのです。それだと、彼女のリアクションにビビってしまい、いざというシーンで「あう、あう…」となってしまい、彼女を引き寄せるためのテクニックも上手く活用できません。むしろ、相手が離れていってしまうかもしれないのです。

 

なので、相手からLINEがあるかないかを一々気にしてしまう男性より、気にも介さない男性の方が、狙った女性を口説きやすくなるのです。

好きな相手からLINEが来ない!LINEをしない女性心理とは?

 

そもそも、女性があなたに対してLINEをくれない理由とは何なのか? それは、女性のタイプにもよりますが大抵の場合は以下のパターンに分かれます。

 

  • 別にLINEをしなくてもいい程度の存在
  • 優先順位が後回しにされている
  • 嫌なことがあって、LINEどころじゃない
  • 面倒くさい
  • 生理中でイライラ

 

これらの女性心理について、もう少し詳しく知りたいのであれば、以下の記事が参考になりますので、是非チェックしてみてくださいね。

 

 

◆参考:【LINE未読無視】女の突然未読スルーは脈なしの証!対処法は?

 

好きな相手からLINEが来ない!決定的な脈なしLINEとは?

 

繰り返しになりますが、相手からLINEが来ないかどうかでは、脈なしか脈ありかを判断するものではありません。ですが、明らかに脈なしと言えるような「決定的なケース」も存在します。ここから、「明らかな脈なしケース」について解説していきますね。

 

結論から言うと、以下の4パターンです。

 

  • いつも相手から既読スルーされて終わる
  • あなたに対してプライベートな質問が出てこない
  • デートに誘っても何かと理由をつけて断られる
  • 一向に相手との返信速度が縮まらない

 

ただ、脈なしの定義でも話したように、脈なしとは、一概に嫌われているという意味だけでなく、異性としてまだ興味を持っていない状態なのです。つまり、相手に嫌われていさえいなければ諦める必要はありません。正しい方法を正しい手順で行えば、あなたに興味を抱かせることで、脈なしからでも脈ありに変えることは出来るのです。

 

 

その具体的な方法については、以下の「モテる男のLINE術シリーズ」が参考になりますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

◆参考:【モテる男のLINEvol.0】あなたがモテる男か、テストします。

 

いつも相手から既読スルーされて終わる

 

いつも相手からLINEを既読スルーして終わらせるのであれば、脈なしの可能性が高いと考えていいです。先ほども軽く触れましたが、女性は好意のある男性に対しては、コミュニケーションをより深めようとしてきます。

 

  

コミュニケーションを深めるってどういう意味ですか?

このページで言う「深める」とは、「より本音に近い」という意味で捉えてください。その気持ちがない女性は、あなたと本音で語りたいと思うことなく、切りのいいところでコミュニケーションを終えようとしてきます。

 

 

もちろん、既読スルーだなんて失礼な! と思うかもしれませんが、女性にとって、あなたに「どう思われても、別にいい」と考えているため、平気で既読スルーできるということなんですね。

あなたに対してプライベートな質問が出てこない

 

女性があなたに対して興味を持ち始めると、脈絡なくプライベートな質問が増えてきます。あなた自身で考えて欲しいのですが、気になる女性にはプライベートな情報をたくさん知りたくなるはずです。

 

なので、「彼女のいるかどうか?」や「休みの日何しているの?」や「あなたの仕事」について、あれこれ質問してくるようになります。

 

 

逆に質問をしてこないのであれば、まだ脈なしであると考えるべきです。もちろん、会話の流れで聞いてきた質問は「脈ありサイン」ではありません。なぜなら、単なるコミュニケーションの一環として、社交辞令的に聞いているだけかもしれないためです。

 

あくまで聞こうとして聞いてきた、というニュアンスが大事なのです。

 

例えば、血液型の会話をしている時に「何型?」と聞かれるよりも、脈絡のない話から急に「てか、彼女とかいるの?」と聞かれる方が、興味があって聞いたというニュアンスに近く、サインと判断しやすいということですね。

デートに誘っても何かと理由をつけて断られる

 

デートに誘っても何かと理由をつけて断られるのも、明らかな脈なしサインです。

 

友達と遊ぶ、忙しい、どうしても外せない用事がある、これらは全て、あなたの誘いを断るための建前に過ぎません。女性は、高い価値を感じている男性からの誘いであれば、その男性との時間を優先するためです。

 

もちろん、「生理」など男性に言いにくい理由で「その週はダメ」と答えることもあります。それでも、相手がノリ気なのであれば、より具体的に日にちを詰めてきます。

 

例えば、「明日、日程調べて連絡するね」とか「来週は空いてる?」などですね。

 

 

とはいえ、そもそも私自身、女性にデートを誘うのをオススメしていません。

 

  

え、羽森さんは女性とデートしないんですか!?

正確に言うと、「デートの誘い方」を意識していないんです。なぜなら、女性があなたと食事に行くかどうかは、デートの誘い方で決まる訳ではないからです。

 

あなたのデートの誘い方が素敵だから、あなたに着いていくのではありません。デートの誘い方については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

◆参考:【モテる男のLINE術vol.4】女性をデートに誘うなんて、時代遅れ!

 

一向に相手との返信速度が縮まらない

 

LINEの返信速度や頻度は相手によって違うものです。なので、5通のやりとりを1週間くらいかけても、本来は全く問題はありません。ですが、どれだけLINEのやりとりを重ねても、一向に返信時間が縮まらないのであれば、脈なしとは考える方がいいですね。

 

これは、先ほど解説した「いつも相手から既読スルーされる」にも通ずるのですが、相手があなたとコミュニケーションを深めたいと思うと、あなたとの会話を優先します。つまり、返信時間が短くなって、キャッチボールがポンポン続くようになります。

 

毎回2〜3日経ってから返信がくるようであれば、残念ながらまだ脈あり状態とは考えにくいですね。

相手からLINEが来ない場合のNG行為とは?

 

ここからは、相手からLINEが来ない場合に「やってはいけないNG行為」について解説していきますね。

 

正しい女性との距離の詰め方を伝授する前に間違ったフォームが身についていたら、間違ったコミュニケーションが増えてしまねかないのです。

 

例えば、バスケットボールを間違ったフォームで10000回シュートの練習をしても間違ったフォームが身について下手くそになるだけです。そうならない為にも、まずは間違ったフォームを正す必要があります。

 

で、結論から言うと、以下の2つの行為は絶対にやらないようにしてください。

 

  • 追撃LINE
  • 突然電話作戦

追撃LINEは送らない

 

もし、あなたの送ったLINEに対して、なかなか返信来ないからといって返事を催促するようなLINEを送ってはいけません。あなたが女性の立場に立って考えてみればその理由は容易に想像できると思います。

 

まだ相手のことをよく知らない、大して興味のない相手に対してLINEを送ってなかったとします。あとで返信しようと思っていた矢先、相手から新しいメッセージが送られてきたらどう感じますか?

 

おそらくですが、「自分勝手な人だなあ」「LINEがなかったくらいで、がっつき過ぎじゃね?」などと否定的な印象を抱くと思います。それによって、「まだよくわからない人」から「絶対にありえない人」へとカテゴリー分けされてしまってはもとも子もありません。

突然電話作戦もやらない

 

突然電話作戦も、不意をつくので相手はつい出てしまうかもしれませんが、基本的にはウザがられてしまいます。

 

今の若い人たちにとって、電話は心理的ハードルが高くなっているので、基本的には相手から提案されない限り、電話はしないことをオススメしますね。

 

確かにLINEよりも、声やトーンなど言語以外の情報も伝わるため、距離が縮まりやすくはなります。しかし、実際に女性と付き合ったり、デートをする前に接点を持ちすぎると、あなたの男としての価値が下がってしまうのです。

 

その理由については、下記の記事で詳しく解説していますので、興味があれば、ぜひチェックしておいてください。

 

 

◆参考:女性が男性を好きになるきっかけ!男が陥りやすい女心の罠とは?

 

相手からLINEが来ない時に、脈なしから逆転のために羽森がやっていた、たった1つの方法

 

  

羽森さんは、相手からLINEが来ない時にどうしてたんですか?

ここでは、私が女性への接触を控えていた頃に、実際にやってきたことについてお話します。というのも、相手からLINEがきたとしても、注意しなければならない事があるからです。

 

何かと言うと、、二度の失敗は許されないです。

 

 

かなりドキッとしたかも知れませんね。でも、考えてもみてください。一度 LINEを既読無視されているということは、現時点では「脈なし」であることは間違いありません。

 

気が変わって返信をくれることはありますが、こちらが女性感情に響くようなコミュニケーションが取れず、退屈なやりとりを続けてしまえば、女性も面倒くさくなり、今度は未読無視 → ブロックとなってしまう可能性がありますよね。

 

 

そうならない為にも、私は女性経験を積むために出会いを増やそうと考えました。

 

とはいえ、そう簡単に出会いを増やせるものでもありません。ストリートナンパをしていたとはいえ、当時は30人に声を掛けても1人も連絡先も交換できないほど苦労していました。

 

勿論、このページを読んでいるあなたにも「ナンパをしよう」とは言いません(笑) でも出会いがないと、会話経験が積めない → せっかくのチャンスをモノにできない → 自信をなくすと、負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

 

 

そこで、私にとって10人に声を掛ければ1人とはお茶に連れ出せるほど、コミュニケーション力の向上に立ったのがマッチングアプリでした。マッチングアプリなら、出会いを求めている女性がそこにいる前提なので、アプローチ練習にはうってつけです。

 

複数の女性と連絡を取っているというだけでも、精神衛生上良かったですね。やはり、連絡できない時期は気が気出なくなるほど辛いこともあったので。

 

【期間限定】たった3言で驚くほど女性の反応が好転する前代未聞のLINE逆転術を無料で公開!

今すぐ、相手からLINEを送りたくなる気持ちにさせる方法とは?

 

最後に、相手からLINEが来ない状態から、「私からLINEしてみよう」と思わせる関係に発展させていく具体的な方法について解説していきますね。

 

で、結論から言うと、「相手からLINEが来ない」状態から「私からLINEしてみよう」といった心理変化を起こさせるためには、以下の心情の動きを意識することがポイントです。

 

 

「遊んでみたい!」まで女性に思わせなくても、まずは「私からLINEしてみよう」と思わせることが最優先になります。

 

このページを読んでいるあなたが乗り越えなければならない壁は「この人、面白いかも」「早く、連絡こないかな」と相手に思わせることだと思います。

 

 

これらは、実はたった2つのポイントさえ意識すれば、両方共クリアできます。そのポイントとは、以下になります。

 

  • 女性とのLINEで会話の広げ方を理解する
  • 既読スルーを活用する

 

つまり、LINEの特性を理解した、女性との会話の広げ方をマスターし、女性を楽しませることができたら、程よいタイミングで、あなたからの既読スルーで終わらせるのです。

 

そうすれば、女性は「あなたとLINEするたびに盛り上がる」という感情を覚えるので、一種の麻薬患者のようにあなたとのコミュニケーションを求めてくるようになるのです。

 

 

どのようにして会話を広げていけばいいのか? このページで話すと長くなりますので、以下の記事を参考にして頂ければなと思います。

 

 

◆参考:【モテる男のLINEvol.3】既読無視から復活して、デートの約束を取り付けた驚きの仕組みとは?

 

 

 

 

既読スルーからの逆転が

最も成功しやすい講座はコチラ!

↓ ↓ ↓